豊祝会

昨日は奈良春日野国際フォーラムにて行われた、
奈良の豊澤酒造開催の秋の恒例行事、「豊祝会」へ。

IMG_2957.jpg

第一部は能楽堂にて、薬師寺長老で喜光寺住職の
山田法胤氏の講演会。

薬師寺のお坊さんは皆さん、
落語調の講話をなさることで有名ですが、
この日も舞台をうろうろ歩きながら飛ばしまくる長老さん。

IMG_2939.jpg

ちょうど前日に伊勢で行われた神嘗祭と、
11月23日の新嘗祭にまつわるお話や、
「日本は資源には乏しいが、
稲作によって毎年、命を更新していく」
というお言葉が印象的。

11月23日、もともとは「新嘗祭」という、
五穀豊穣を感謝する宮中祭司を呼び名とする祝日だったんですね。
第二次世界大戦後、GHQから、国家神道色の強いこの名前を
変えるよう要請があり、「勤労感謝の日」となったのだとか。

第二部は、せんとくんに挨拶しつつ大広間に移動。
ゆるキャラってパーフェクトに可愛いよりも、
どこかキモくて畏怖を覚えさせるほうが後を引きます。

IMG_2945.jpg

会員の皆さんと立食パーティ。

IMG_2955.jpg

千人くらいはお集りの大盛況。

IMG_2958.jpg

IMG_2963.jpg

一癖も二癖もある人生を辿ってこられた方ばかりなのですが、
胸につける名札には肩書きがなく名前だけなものだから、
お互い酒好きのおっちゃんおばちゃん同士で会話が弾み、
二次会もそのまま、近鉄奈良駅構内の「豊祝」立ち呑み屋さんへ。

IMG_2837.jpg

会に向かう前、同行者さんたちと待ち合わせをしたのも、
西大寺駅構内の「豊祝」立ち呑み屋さんでした。
奈良駅、西大寺駅のほか、大阪の難波駅構内にもあります。

お土産には参加者全員に配られた、今年製造の純米酒。

IMG_2965.jpg

日本酒好きなので、逆に家には置かないようにしているのに、
かつ母が旅行中なので、だらけてしまいそうなここ数日なのに、
美味しい酒のある自由は、私の手に負えない。

動じない動じない動じない…

はっと気づけばもう火曜日。
前回のブログを書いていつの間にか一週間が経っていますが、
籠もりきりの生活でも、
今月だけは曜日感覚を失うわけにはいきません。
今月、我が家は町内のゴミ当番。
今日も朝早くから収拾場所の管理に出かけます。

曜日感覚の代わりに日にち感覚が薄れて、今日は起き抜けに
「しまった! 昨日が締切りだった!」
どっと焦りました。

「どうしよう、なんでまだ仕上げてないんだろ。
でも、担当さんはなぜ、なにも言ってきてくださらないんだろ。
ひょっとして私、もう要らない人って思われてるのかな…」と
諸々悩みつつ、それでも飼い犬の動物病院の診察日だったので
連れていったところ、
病院のカレンダーによると今日は10日で、締切りは3日も先でした。

「良かったね! あと3日も悩めるよ!」

IMG_2910.jpg

ところで先週の上京で嬉しかったことのひとつは、
深志美由紀ちゃんのイベントで
イラストレーターの星恵美子さんにお会いできたこと。

IMG_2925.jpg

イラスト集『モノクロームの女』。
筆の濃淡が繊細でワイルド。
女性たちの表情が格好いいのよ。
一枚一枚に、動悸しながら吸い込まれる。

また、これも公開しているうちに早く書けばいいのですが、
格好いい女といえば、映画『ELLE』。
上京時に観た、大泉りかちゃん推薦の一作。

変態密度の濃い映画なものの、
変態濃度の高い登場人物ほど、乾いて描かれている印象。
逆にまともな思考を持つ人間ほど、ウェットな演出。

主人公がとにかく動じない女。
なにがあっても自分を崩さない。
たっぷり精神の鍛えられる2時間半です。

動じちゃいけないのよね、たとえ犬が美容院でハロウィンの
首飾りをつけてもらって、「え、もうそんな時期?」と驚いても、
月日は流れるように流れていくだけで。

IMG_2924.jpg

要は、次のゴミ当番の日が締切り日ってことですよ。
ゴミ当番ありがとう。締切り日より忘れない。

週刊ポスト10月2日発売号

発売中の週刊ポスト10月2日発売号、
昭和の官能小説特集で、
団鬼六さんの「花と蛇」についてコメントしています。

最初は千草忠夫さんの「雌雄」か、
西村寿行さんの作品にしようか迷ったのですが、
誌面では八神淳一さんが西村寿行さんを
取り上げていらっしゃいました。
こちらも読み返したくなる。

イベントを終えて・ありがとうございました

29日のイベントが無事終わりました。
来てくださった皆様、ありがとうございます。

官能小説と映像業界の方、そのファンのお客さんの前で、
どれだけの話ができたのかわかりませんが、
客席からの質問もたくさん来て、話のネタは尽きず、
楽しんでいただけたのでしたら良かったです。

お店の雰囲気などもお伝えしたかったのですが、
この日はあれこれバタバタして、写真を撮るのを忘れてしまいました。

下北沢の開発にともなって閉店するワインカフェ下北沢、
10月いっぱいは開いておりますので、
ご付近の方、良かったらぜひ足を運んでくださいませ。

https://love-shimokitazawa.jp/archives/242

さて、翌日は昼間に所用を済ませ、
夜は舞台役者でシャンソン歌手の、
多岐川装子ちゃんの出演するシャンソンバー、
銀座ボンボンへ。

4.jpg

ピアノめっちゃ触りたくなる……

3.jpg

カウンターと、マスターの福浦光洋さん。
アルバムもお出しになっているプロのシンガーさん。

トップは依田知絵美ちゃん。

フランソワーズ・アルディ、フランス・ギャル、小坂明子さんの
歌が、清らかで伸びやか。

歌はすべての人が歌えるけど、
一定の年代の人にしか出せない空気ってあるんですよね。

IMG_2856.jpg

MCもおもしろい福浦さん。
津軽弁のシャンソンなんて初めて、と思っていたら、
大阪弁バージョンなどもあって、その自由さに圧倒&解放感。
心全開で聴いて飲み進めるうちに、

IMG_2866.jpg

トリは装子ちゃん。
大竹しのぶさん主演の『にんじん』の、
主人公の姉の義母役でもそうでしたが、
高校生の頃から、いまも小柄で明るい太陽のような彼女が、
ステージに出ると六回くらい往生して生まれ変わったかのような貫禄。

特にミルバとバルバラの歌が圧巻。

IMG_2868.jpg

装子ちゃんの次の出演舞台は、
鹿賀丈史さん、市村正親さん主演の『ラ・カージュ』。
こちらはまた若い娘さんそのもので演じています。

IMG_2875.jpg

ピアニストの桑原裕子さんと。
ね、笑顔ー♪

IMG_2873.jpg

店内はどこを見ても楽しくて、

IMG_2872.jpg

トイレもこんな感じ。
ゲンズブールとジェ……わ、シャルロットだ。

この日も行きたい↓

o0480068214037934872.jpg

お店の常連さんたちに、バンドネオンのルーツを伺ったり、
琵琶やタンゴのことを教えていただいたり、
豊かな時間を過ごさせていただきました。

最後に装子ちゃんとパチリ。
私、酔っ払って頬が赤いので、装子ちゃんが
何度も白く撮り直してくれたのですが、
この黒いのがいちばん自分的にマシなので、これをアップするぜ。

1.jpg

いやぁ、奈良の帝塚山学園の円形校舎で机を並べていた頃から
約30年後に、お互い東京でこんなことしているとは。
同窓会のお知らせが、いまだに私たちにだけ来ないのはなぜ。

翌日は午前中から、地下のようなところで打ち合わせをしたり、
陽光の降り注ぐホテルのテラスで打ち合わせをしたりで、

IMG_2891.jpg

午後は、以前に私も出演した『大人の学校』の、
『深志美由紀第三回講座』へ。

1001.jpg

ゲストは小沢カオルさん。

会場に入ったら客席のお隣に、
2日前のイベントで一緒だった南部のくまちゃんも。
わー、世間って狭い。

めっちゃ面白かったです。
美由紀ちゃんのダメ男の話は、何十回聞いても笑える。
もう定期的に聞かないと生きていけないレベルの麻薬。

小沢さんのそれがまたキツくてリアルで、
体験取材の話は引き込まれました。

この複雑な話を簡潔にヴィヴィッドな言葉に変換して
客席を笑わせるお力がすごい。
『酔うと化け物になる父がつらい』が、凄みのある一冊です。

そして、この日は『妄想ノススメ』第一期トリオで集結。
右から大泉りかちゃん、深志美由紀ちゃん、私。

IMG_2901.jpg

いまは3人で、スポニチ火曜日版で
『女流作家のお悩み相談室』を連載中です。
業界内での評判が良いようで嬉しい。

なんだろ。中高生時代に同じクラスだったら、
たぶん仲良くならなかったような3人なのに。
私にとっては戦友。

とても楽しい二次会の後、新幹線で帰郷。
ひとり打ち上げが、またオツなもので。

1002.jpg

さあ奈良に帰って、また籠もりきり仕事生活を再開です。

夏日の平城宮趾

我が家とお隣さんの庭で金木犀が満開。
仕事場が噎せ返るような匂いに包まれ、秋を感じていると、
関西は昨日から久しぶりに夏日。
今日、動物病院の行き帰りの外気温は34度。

奈良の平城宮趾は、またお土産物屋さんなど、
建物がつくられ工事中。

かつてのなーんにもない、草ぼうぼうの原っぱのほうが、
古代の人々の姿を想像できて好きだったけれど。
そこで子供たちが草野球をしたり、
私のような吹奏楽部の部員たちが練習したり。

なーんにもないのが当たり前で、
その良さを感じるようになるまでは、
時間がかかるんだなぁと思う。
明日香や藤原京跡のなんにもなさに、
いまは悠久が漂うような凄みを感じる。

さて今週末は久しぶりに東京でイベント。
作家ふたりと劇作家。
それぞれ違う変遷を辿ってきた3人の
赤裸裸トーク。
どうぞお越しくださいませ。

9月29日(金)
下北沢の「ワインカフェ下北沢」

https://love-shimokitazawa.jp/archives/242

◆場所:東京都世田谷区下北沢2-24-5柏ビルB1
(下北沢北口徒歩30秒 薬屋さん横地下1F)

◆スタート:19:00〜
◆料金:2000円+飲食代

出演:南部くまこ(作家)、樋口ミユ(劇作家)、うかみ綾乃(作家)


三人が連載している電子書籍yomucoにも遊びに来てください。

pa001.jpg

うかみ綾乃の新作『嗤う肉〜塞じられた姉弟』配信中。

https://www.yomuco.jp/comic/116

――「お前らはずっと、残骸として生き続けるんだ――」芹里と柊人は仲の良い美しい双子の姉弟。十二年前の夏、課外授業である島へ行くことになった芹里は、凄惨な事件によって大怪我を負う。変わり果てた姉の姿に、柊人の精神は侵され、猟奇的な手段で復讐をくり返す鬼と化す……。皮膚を炙り、肉を裂き、骨を砕く、その復讐の先にあるのは……。
戦慄のゴア・ホラー、完全書下ろし新連載!!
検索フォーム
リンク
QRコード
QR