東京で新年会でした

先週は日刊ゲンダイ「コクハク」の新年会。
久しぶりの六本木で焼肉を食べながら、
いろんな専門家のライターさんたちと、お喋り&お喋り。
魅力的なヘンな人たちがたくさんいるサイトです。

「コクハク」

https://kokuhaku.love/

翌日は親友の舞台女優、シャンソン歌手の
多岐川装子ちゃんちで新年会。
芝居の稽古中で忙しいのに会えて嬉しい。

そして手作りのトマト鍋など、
ハッピーになる手作りご飯がいっぱい!

IMG_6405.jpg

IMG_6406.jpg

IMG_6407.jpg

IMG_6383.jpg

私が装子ちゃんに詞を書いた楽曲
「満ちる月」にちなんで、
月桂冠の方がくださった純米酒「満つる月」と、
猫のアメタンの背中。

IMG_6404.jpg

私は猫と相性があまり良くないので、
アメタンには節度を持った態度を心がけていましたが、
帰るときには、ちょっとだけ手を舐めてくれました♫

翌日は大泉りかちゃん、深志美由紀ちゃんと新年会。

IMG_6422.jpg

美由紀ちゃんに、
生まれて初めてのネイルアートをしてもらいましたよ!

IMG_6399.jpg

人さまに手を大切に扱われ、
美しくしてもらうひとときって、
こんなにも優しくエレガントな気持ちになれるんだなぁ。

りかちゃんの手料理と、美由紀ちゃんの差し入れも豪華!
写真をぜんぶ撮るのも忘れて
延々食べて喋り続けます。

IMG_6421.jpg

最終日はミュージシャン時代からの親友と昼飲み新年会。

IMG_6412.jpg

IMG_6413.jpg

話が尽きないし、食べるのも尽きない。

IMG_6415.jpg

IMG_6416.jpg

気がついたら彼女が乗せてくれた新幹線で、
新大阪まで乗り過ごしており、
ギリ最終で帰宅してから、
また母に土産話をしつつ、ビールとうどんで締め。

さすがに今日は五日酔いが凄いけれど、
楽しかった分、急いで仕事に専念しよ。

スポニチで小説『秘香の里』連載中

スポニチで12月から連載中の小説『秘香の里』。
そろそろ中盤だなんて、月日の経つのは早いです。
連載は2月末まで。
大柴宗平さんの挿絵とともに
楽しんでいただけたら嬉しいです。

火曜日版の深志美由紀ちゃん、大泉りかちゃんとの
『お悩み相談室』もよろしくです。
毎回、ほんと面白いんですよね。

2月には新しい原作映画も完成予定。
いろいろエキサイティングな年初めを過ごしています。
早く『ダウントン・アビー』も観にいかないと!

実は尊敬していた女性が亡くなって、
悲しい思いもしているんだけど、
改めて、大切な人たちが生きてきた世界を、
これからも大切に生きていこうと思います。

シネマスコーレ最高&「コクハク」更新

名古屋&東京から帰ってきました。

最初にお知らせ。
「コクハク」のコラムを更新しています。

同性だから怖い 壮絶“女のセクハラ” #12
周囲も違和感に気づき始め…知人を交えた飲み会の夜の出来事

https://kokuhaku.love/articles/4475#


当初の予定よりも長いコラムになったのですが、
今回、東京で久しぶりに会う人たちから、
嬉しい感想をいただくと、ほっとするとともに、
いまは田舎で、ふだん同業者と会わない生活をしていて
良かったと思います。

連載原稿は途中でプロから感想をいただくと、
良くも悪くもサービス精神が入りがち。
でも、原稿はひとりで潜って書いてナンボのもの。

さて、映画『まん・なか』
名古屋シネマスコーレでの上映&トークイベントを行ってきました。

IMG_6215.jpg

若松孝二監督がおつくりになった映画館です。
映画を愛するスタッフさんたちと、
この劇場を愛するお客さんたちの熱気が凄かった。

私は『まん・なか』だけでなく、その後に上映された『いつか…』
(同じ高原秀和監督作品)のトークイベントにも参加して、
脚本→小説化もあまりないことですが、
自分の関わっていない映画のアフタートークもするという、
稀有な歴史をつくらせていただきました。

●『蜜味の指』(幻冬舎アントロー文庫)
mitsu.jpg

→アマゾンでのご購入はこちらをクリックしてください。

『いつか…』も良かった……
この作品の前作である『つむぎ』もDVD化されています。
(蒼井そらさん主演)
ひたすら一生懸命生きる者たちと、
足掻いてみたい者たちの、愚直で激しいドラマ。

IMG_6216.jpg

打ち上げは、名古屋名物、手羽先のお店へ。

IMG_6221.jpg

まずは手羽元。

IMG_6220.jpg
IMG_6219.jpg

手羽先、鶏だんごの天ぷら、手羽ギョーザ。

IMG_6218.jpg
IMG_6217.jpg

手羽先、手羽先、手羽先。

IMG_6222.jpg

味噌煮込みきしめん。

IMG_6223.jpg

不思議な甘さのだし巻き卵と
名古屋味噌のモツ煮。

IMG_6224.jpg

なにもかもが美味しく、
シネマスコーレのスタッフさんとの尽きない話。

来年も新作映画を上映する予定なので、
それを持ってシネマスコーレに戻ってきます。

名古屋の皆さん、素敵な一夜をありがとうございました。


そして天が計らったかのようなスケジュールで、
翌日は銀座で、親友の多岐川装子ちゃんのライブ。

行くよね、名古屋まで新幹線に乗ったら、
帰りはホームで東京行きに乗るだけ。

o1080072914646071741.jpg

装子ちゃんは奈良の帝塚山学園の同級生。
ふたりとも18歳で東京に出て、
彼女は舞台女優、シャンソンシンガーになり、
私は音楽をやって、いまは作家活動をしていて。

高校生の頃も仲が良かったし、
東京に出てからもたまに会っていたものの、
本当の友達になれたのは、互いに30代になってからだと思う。

少なくとも私には、自分のやっていることに自負を持って、
本音を言うことを怖れなくなる時期になるまでは、
太陽のオーラを纏った彼女が眩しくて。

そして彼女も、ときに重い太陽を背負って歩いてきた。

IMG_6254.jpg

今回初めて、彼女の歌に私が歌詞を書きました。
『満ちる月』。
作曲は、ピアニストの金益研二さん。

歌詞って、メロディと融合して、その人の声に乗って、
「歌」になるんだなと改めて思いました。
歌になったこの曲を初めて聴いて、
汗が湧いて、鳥肌が立って。

だからこそ、私たちの歌はこれで完成したのではないの。
まだまだ私たちには育てていくものがある。

IMG_6253.jpg

急に入らせてもらった身内席で、
ピアノの後ろだったのですが、
金益さんの鍵盤、波を打つんです。
叩いた後も鍵盤が、なにか歌って揺れている。

そしてほとんど装子ちゃんの背中しか見えなかったけど、
舞台で培った彼女の筋肉と腕の動きの迫力たるや!
40代女のバックロース最高。

IMG_6233.jpg

多岐川装子のブログ「装子♪むにゃむにゃ♪」↓
https://ameblo.jp/mama-love-jofre/
 
近くの席に大竹しのぶさんがいらっしゃり、
まったく緊張せずにお話しできるのも凄かったです。
たぶんお釈迦様やキリストに会った人もこうだったのではないかと。
一言一言をおっしゃる声と表情に、
幾つもの意味があるような気がして、
愛を伝える人の凄みを感じました。

バンドネオンは鈴木崇朗くん。
あがた森魚さんなど、私の好きな方のバックもなさっています。
一筋の音に、「100万回生きたねこ」を想う方でした。

金益さんも鈴木くんも、一瞬で惹き込むし、
突き放す魅力があるんですね。
突き放して引力を持つ怖さがあって、
でも喋るとやはりおかしな方々で、底知れない音楽家さんです。

o1080081214226696549.jpg

↑昨年、装子ちゃんと飲んだときの写真。
装子ちゃんは自分より相手を美しく撮ることに集中する子で、
これも彼女は顔半分で、
私は近年でいちばん可愛く写っています。ね。

翌日はせっかくの東京なので、昔のご近所さんたちと
元定食屋のお母さんちで鍋パーティをして、オアシスを満喫し、
東京最終日は、お世話になっている方々とお食事会。

IMG_6241.jpg

日が高いうちからビールと日本酒と、こんな美味しいのをいただいて、
ほんと、大人になって良かったなぁって……

IMG_6242.jpg

今回も食べはじめてから思い出して撮ったのがほとんどですが、
私のは食べかけでも美しいから見て。

IMG_6243.jpg

お店は銀座の「とり数奇」さん。

IMG_6244.jpg
IMG_6245.jpg

お蕎麦もお菓子も美味しく、
最後はこんなキュートな震えるデザートをいただきました。
文字もチョコーレートです。

IMG_6247.jpg

飲んで喋って気がついたら奈良。
明日の自分を信じて、今日はまた飲んで寝ます。

13日名古屋シネマスコーレ!

12月13日(金)
名古屋シネマスコーレ
『まん・なかーYou’re My Rockー』の上映&アフタートーク。

OP+フェス2019@シネマスコーレ
『まん・なかーYou’re My Rockー』 18:00
『いつか…』 19:40

名古屋シネマスコーレのOPフェス最終日に
高原秀和監督のご作品を連続上映。

高原監督とうかみ綾乃がアフタートークで登壇します。
お近くの方はぜひお越しください!

「コクハク」コラム更新&スポニチ小説連載

「コクハク」のコラムを更新しました。
同性だから怖い 壮絶“女のセクハラ” #11
女が部屋で見せてきたもの…私の心はもう限界を超えていた
https://kokuhaku.love/articles/4189


Gの結末はどうなるのか。ご期待ください。

さて、12月1日から3ヶ月間、スポニチで小説を連載します。
今回は香の家元が舞台。
異性を惹きつける特殊な匂いを持つ子孫たちの
愛憎を描いています。
挿絵は絵だけで匂い立たせる大柴宗平さん。

アダルト面がない地域も多いようですが、
機会があればぜひ読んでください。
検索フォーム
リンク
QRコード
QR