セミの音から重低音まで

セミの声が外国ではノイズに聞こえる、
という話題をネットでいくつか見つけ、
思い出したエピソードがあります。

20数年ほど前、ヨーロッパの映画祭に日本人監督が
作品を出品した際、新緑の景色に、
セミがワンワン鳴いて反響している映像を入れたところ、
多くのヨーロッパ人は「このノイズはなんだ」と訊かれたとのこと。

でもフランス人だけが、「これは夏の
途方もない沈黙を表しているんだね」と理解した。

耳は聴覚以外の感覚があり、
「沈黙」を聴ける耳を持つのは
日本人とモンゴル人だけだと言われます。

日本人は音もなく降り積もる雪の「シンシン」という音を感じる。

モンゴル人は旅に出るとき、住宅家屋であるゲルも運びますが、
何ヶ月、何年後かに帰ってきたときに、
同じような景色が果てしなく続く荒野の中で、
ほんのわずかな風の違い、かすかな谷を通ってきた風と、
草地を走ってきた風、そして三半規管なのか
理屈でないなにかの感覚で、
「ああ、ここが故郷だ。帰ってきた」とわかるのだとか。

低音が聴けるのもアジア人の中では日本人の特色。
古代、日本楽器を輸入したのは中国〜半島の人たち。
彼らの猿楽は高い音が多く、低音は迫力のある銅鑼のみ。

本来、日本人の聴覚幅は中国人より低く、
限界を超えた猿楽は、生物的に言うと20分で頭痛がするものだけど、
楽器や文化とともに価値観も仕入れたから、
「高温が雅な音、低音は下品」との教えをそのまま受け継ぎ、
だから平安時代の箏、笙、高麗笛、鼓など、高い音が多い。

ただ、ほとんどの国の民族楽器は国土の広さによって音が大きく、
アフリカのディジティディジュリドューや太鼓など
何キロも先の空気を震わせる迫力を持っているのだけど、
日本の楽器はやまびこや、箱庭での木々や石に反響した
美しさを計算されて徐々につくり変えられていった。

やがて明治に入り、欧米の音を知るようになって、
日本人は「あれ、ベースとか格好よくない?」と
低い音の魅力を発見した。
そして邦楽の世界では宮城道雄が17弦の低音箏をつくったりと、
どんどん諸外国の影響と自らの好みの発見によって
新たな楽器と音をつくりだしていった。
いまもあらゆる国の音が世界中に、
それぞれの受け止め方で広まっている。

聴覚はおしろい。

私の両親は数年前から、「最近の蚊は鳴かんなぁ」と油断して、
モスキートの餌食になっています。

卑しさを本能のせいにするな

大好きなフィギュアスケーターのおひとり、安藤美姫さんが、
娘さんとのショットを、インスタグラムで公開したとのニュース。

記事によると、彼女はいままでカメラを向けられるたびに
娘さんを隠していたけれど、
そのうち娘さんが「なんで私の顔を隠すの!?」
「後ろに隠れた方がいい!?」と訊いてくるようになり、
隠すほうが悲しませていたんだなと気づいて、
今回、公開することに決めたとのこと。

そうなんだぁ、と微笑ましく読んでいたら、
このニュースに関する読者のコメントが目に入り、
それがあまりにも酷くてびっくり。

  ──なぜ顔出しできないのか説明するのが親の役目でしょう。
  ──結局、この人が注目されたいんでしょ。
  ──子供のことを思えば顔出しすべきでない。

まだこうなのか。

あのですね、よそ様のことをとやかく言うあなた方みたいなのが
いるから、彼女が不安と恐怖と怒りを抱き、
自分と大切な人を守る術を考えなきゃいけないんでしょ。

記事には彼女のコメントも書かれています。

「18歳の頃から周りが信じれなくなった私にも
やっと人を信じる、信じてもいい人がいる。本当に応援して下さって
いる方々がいる。支えてくれる人がたくさんいる。という気持ちになり、
娘の存在の意味をきちんと理解して下さる信頼のおける方々に
出会えたので、密着企画という形で今の自分を見て頂く事で
お世話になっている方々に感謝をお伝えしたいと出演をさせて
頂きました」『ABEMA NEWS』

これを読んだだけでも、背筋が伸びると思うのですが。
そして謙虚になると思うのですが。

こういう、レベル中&以下の人間が、レベル9以上の女性を
批判、批評する姿が、滑稽で醜くてたまらないです。

ここで言うレベルとは、そういう人たちの好きな
経済力(エサを獲る力)とか、ルックス(エサを享受する力)とかの
程度のことです。

性としての男女ではなく、いわゆる男性中心社会と、
そこに合わせて生きる女性の順位づけの世界で、
なぜ自分ごときがひと様の才能と生き方にものを言えると
思い込めるのか、昔から不思議でたまりません。

ある水泳選手のことを思い出します。
その方もオリンピックに出場するほどの名選手でした。
私は弟が同じ学校に通っていたこともあり、
その方のことをずっと応援していました。

そしてその方は女性で、美人でした。

マスコミは彼女を追いかけ回していました。
オリンピックに出場すると決まった後には、
練習着なら当然浮き出る胸の陰影の写真まで、
下品な見出しをつけて載せました。
この卑しい残酷さに、ファンは傷つくのを通りこして絶望しました。

彼女のコメントに対しても、
男性選手や、特別でないルックスの女性選手なら、
同じことを言っても「さすが、強気」と褒めるところを、
彼女が言うと、「生意気」となりました。

やがてマスコミは、「僕らの水着を着る美少女」枠から外れる
彼女を徐々に叩きだし、読む側もそれを愉しみました。
むしろ「僕らのほうが裏切られた、傷ついた!」くらいの勢いで。
誹謗中傷って、する側はまっとうな正義感と識者っぽい感覚を
持っているつもりだから。

彼女は水泳選手として背筋を伸ばしていました。
取材のたびに、このオリンピック大会を楽しむ、と主張し、
メディア向けではない派手なウィッグを被ったりと、
その姿は過剰なものとしてさらなる中傷が湧きましたが、
彼女は毅然として闘っていました。

10代の女の子が、オリンピックの競技に集中するために、
自分を傷つけるものを、
私はあなたたちの都合の良い少女人形ではない、と、
余計なエネルギーを費しながら、懸命に生きていたのです。

本当に不思議です。いったい誰がどんな勘違いをすれば、
彼女のことをとやかく言えると思い込めるか。
しかも彼女は目で見える点数やタイムを上げているのに。
0.1点、0.1秒よりも、胸の陰影がそんなにおもしろいのか。
そしてそれをおもしろがる自分たちに、
際立つ記録と存在感を持ち、背負ってきた者が、
ニコニコとあどけなく振る舞うのが当然だと、どうして思えるのか。

「いやだって、可愛い子の胸を見たいのが男なんだよー」
と言う男が多数で、容認する女も多いのですが、
そもそも、だからなに? なんで男のバカに女が合わせなきゃ
ならないの? という話ですし、
そういう人たちの価値観でいう、ルックス、稼ぎ、社会的価値、
あらゆる面において、安藤さんたちは上回っているし、
彼女たちで勝手にはしゃいで文句を言う人たちのほうが、
社会的価値は低いでしょ。
生物としての生殖能力は劣っているでしょ。

人間が文明を持ったのは、原始の本能を打ち破ったからです。
私たちが猿と違うのは、自分ではない者や場所を想像し、
生殖能力以外の価値を見出して、求め、育て、
寄り添うことができるという点です。

たとえばホーキング博士は千年前に生まれていたら、
10年も生きていられなかったと思います。
でも、現代の人間は宇宙を夢想し、目指し、
彼の頭脳の価値を見つけ、求めました。

いつまでも原始だの本能だのと言い訳している者は、
歴史のふるいにかけられ滅びていくだけです。
エサ入手するのも厳しく荒んでいるのなら、
同じレベルの者同士で食い合っていればいいです。

人間は、ここではないどこかを目指し、
未来を想像し、そのために努力していけるのです。

安藤さんはいまも余計な闘いをせざるを得ないんだと思う。
酷い人があまりにも多すぎて、
自分とお子さんを守る方法を模索しての、今回の公開なのだと思う。

同時代に生きた者は、地球人として日本人として、
安藤美姫を、わきまえた距離で誇っていましょうよ。
己の存在価値を、誰かを批判することで低める必要はなく、
自分と関わりない人であれば、まず臆面もなく警戒もなく、
好きから入っていいと思います。

と、つい長く書きましたが、久しぶりに電線を撮りにいきました。

IMG_7163.jpg

午前中に曇った状態で撮り、夕方になって晴れてきたので、
また同じ場所に行って撮ってみた次第。

IMG_7166.jpg

どちらもいい。

花オクラ

新型コロナ禍の休業要請について、
奈良県の荒井知事のコメントが言い切っています↓

読売新聞オンライン
『そもそも県内に夜の街ない』知事、再度の休業要請せず
https://www.yomiuri.co.jp/national/20200802-OYT1T50129/


持たざる者の強みです。


畑はたくさんありまして、

IMG_7152.jpg

これはご近所さんの畑で採れた「花オクラ」。
野菜です。

生でも良し、湯がいても色鮮やか。
鰹節と酢醤油でいただくのが一般的(?)なようですが、
私は少々のお塩だけで。

IMG_7156.jpg

食感はオクラというだけあって、ちょっとネバッとし、
鯵は爽やか。
こんなの育てる人ってすごい。

IMG_7145.jpg

立派なナスもいただいたので、
母が育てたミニトマトを乗せてピザにして、

IMG_7160.jpg

キュウリは、山芋、ミョウガとみじん切りにし、ポン酢醤油で和えます。
以前、近所の定食屋のお母さんに教えてもらった料理。
さっぱりとして滋養があります。

IMG_7133.jpg

今年最後になりそうな鮎も焼いて、
焼きあがりはいつものとおり、撮るのを忘れて黙々と食べるのです。

多岐川装子BONBONライブ

2020年8月8日(土)
多岐川装子ちゃんのBONBONライブを
ツイキャスで生配信します。

14506-e0497094.jpg

19:30〜/21:00〜 の2ステージ。
恋の悲喜こもごもから生まれたタンゴの名曲達を、弁士調の語りとともに、銀座からあなたのお宅へお届け❣️
出演…vn.石井有子、pf.金益研二、vo.多岐川装子 and more

o1080080914789677539.jpg

視聴方法はどうぞこちらで。

https://twitcasting.tv/c:ariko_violin/shopcart/14506


多岐川装子公式ブログ

https://ameblo.jp/mama-love-jofre/


みんな私の美しい親友の歌を聴いて!


ところで、頂きもののティーカップや、
コンサート等で購入したグッズを、
大切にしすぎて仕舞い込んだまま、ということが
たまにありまして。

たまに取り出して眺めるのもいいし、
タンスの肥やしとは、実際に心の肥やしにもなるものですが、
最近はせっせと取り出し、存分に楽みだしている最中です。

このイーグルスのTシャツも、東京ドームで購入してから
気づけば20年以上も経っていました。

IMG_7147.jpg

それで思い出したのですが、昔はプリントしているシャツに
うまくアイロンがかけられず、
シワ取りスプレーを使っていたんですね。

ある日のライブの前夜にも衣装類にスプレーし、
ちょうどボトルが空になったので捨てようとしたら、
パッケージに「トイレ洗浄スプレー」と書かれているんですよ。

トイレ洗浄スプレー……?

……私、ずっと、トイレ洗浄スプレーで洋服のシワを取っていたの?

これがまたよく取れるし、ほんのりいい香りがするんですよ。
その日も問題なく洋服がきれいになったので、
まあいいかと思って、翌日もそれを着てライブしました。

そのライブに装子ちゃんが来てくれたので、
いま海馬が反応して思い出したようです。
あのスプレーにもまた再会したいです。

「コクハク」コラムを更新しました

「コクハク」のコラムを更新しました。

気男を押さえ込む女たち
夫の不倫を「やらかし」ネタにした妻と去っていった相手女性

https://kokuhaku.love/articles/7443


68c8eacde2e8a511b3f84421a8998a7e20200721160817803.jpg

早寝早起きが癖になっているここ数年。
生活リズムが整うと、ちょっとした変化に気づけるのが良いです。
今日の月が、昨日とちょっと違う場所で違う形で出ているなとか、
ビールを一缶多く飲んだら、翌日の目覚めがちょっと遅いとか。

昨夜はテイクアウトのお寿司を食べすぎて、ちゃんと胃もたれ。
でも残した分も、美味しいうちに今日食べる。
検索フォーム
リンク
QRコード
QR