新刊『ドミソラ』

73c5be_291557fdd69b4a03b7776237696b19a7.jpg

6月12日に、新刊『ドミソラ』(幻冬舎)が発売されます。

今回は官能小説ではありませんが、性と欲望にもがく人間を描くという意味では、書きたいことはいままでと同じ。

amazonで予約が開始されました。

どんな作品を書くときも、狐憑きに似た状態になるけれど、今作はページ量も多く、舞台は主に、私の故郷の奈良と、いま住んでいる東京。
主人公たちは駆け出しの作家と編集者。
思い入れのあるものを登場させた分、憑依期間が長かったです。
読んでいただければ嬉しいです。

《内容紹介》~幻冬舎より

私は絶対、このままでは、終われない。

 16歳のときに美しい人生を穢され、心を閉ざして生きてきた容姿端麗な女・織江。
 幼少の頃から織江に憧れ続け、あらかじめ歪められた人生に抗ってすべてを手に入れるために

 作家デビューを果たしたデブで醜い女・由羽。
 織江に償うために人生を捧げた、眼病を抱えて失明の危機にある編集者の男・尾崎。
 過去の因縁に引き寄せられた男女の運命が、「不協和音」を奏ではじめる。

 『幸せの感触に、身をすくませる。
 この期に及んで、いったいどんな希望が自分にあるというのか。
 まだやり直せると信じたがっている自分に、浅ましささえ覚えた。』

 愛されたい、認められたい、満たされたい。
 狂おしい葛藤の末に滲み出す、女たちの欲望と狂気。
 生きることは、なぜこんなにも愚かしく美しいのか。

 復讐と愛憎の連続する展開に、ページをめくる手が止められない。
 いま話題の女性作家が描く、嘗てないほど愛おしい人間小説!

 本年度、最大の収穫。
 注目度No.1!
検索フォーム
リンク
QRコード
QR