日出 日没

日の短くなる季節になると、各地の日出や日没、月出や月没の時間が気になってしまう。

北海道札幌の今日は、
日出 6時43分 日没 16時 2分 昼時間 9時間19分
月出 11時45分 月没 23時20分

東京は、
日出 6時29分 日没 16時29分 昼時間 9時間59分
月出 11時45分 月没 23時32分

東京のほうが若干遅れて日が昇り、沈むんですね。
北海道ツアー中、辺りが早く暗くなる光景に、
日本はなんだかんだいって横にも長いと実感したものです。

たまに奈良に帰ると、たとえば隣りの大阪の今日の日出、日没は、
日出 6時44分 日没 16時48分 昼時間 10時間 4分
月出 12時 1分 月没 23時50分

奈良から東京に帰ると、夕方が長いなぁと思います。

もっと夕方が長いのは、たとえば福岡。
日出 7時 2分 日没 17時11分 昼時間 10時間 9分
月出 12時22分 月没 ・・無し

東京との日出、日没の差は約30〜40分。
小樽ツアーのとき、朝、「空が暗い!」と言ったら笑われました。

ちなみに「月没 ・・無し」というのは、およそ24時間50分で回っている月が、
太陽暦の24時間で定められたその日のうちに沈まず、
日をまたいでから沈むことを指しています。

沖縄の那覇を見ると
日出 6時57分 日没 17時37分 昼 間 10時間40分
月出 12時28分 月没 ・・無し

マイペースに日が昇って落ちていますね。
日照時間はいちばん長いようです。

しかし月と同じ24時間50分の体内時計を持っていながら、
太陽の24時間に合わせて生活する人間って、
絶対良くも悪くも、帳尻合わせのストレスを抱えているだろうなぁ。

鹿なんて夜中も二、三時間で眠りから覚め、草あたりをムシャムシャ食べて、寝る、
起きたくたくなったらまた起きて、食べる、の繰り返し。
犬や猫も似たようなものです。

人間はこの約50分の折り合いのせいで、イライラしたり欲求不満を抱えたりして、戦争や芸術を生み出しているのかもしれません。

私は引き籠っている間は、ほぼ月時間で生活しているので、ストレスは少ないほうであるはずなのですが、
執筆作業を終わらせられない間に朝日が射し込み、小鳥がチュンチュン鳴きはじめたりすると、
世界に置いていかれた駄目人間になったかのような気分になり、ずんと落ち込みます。
ワインでも呑もうかな。
爽やかな朝の皆さん、おやすみなさい。

「情火の海〜運命の女の告白」第3巻

「肌恋」で連載中の『情火の海〜運命の女の告白」、
ただいま第3巻(12話)まで配信中です。

http://www.cmoa.jp/title/81532/

最近、なんとなく体が怠いことが多くて、
周りで風邪が流行っているから、私もひいたのかなと思い、
夜は焼酎のお湯割りをたくさん呑んであたたまっているのですが、
翌朝起きると、またなんとなく怠いです。
私が風邪だと思っていた症状は、ひょっとしたら二日酔いってやつなのかなと、ふと考えます。
まあお酒は健康のバロメーターでもあるので、呑めているうちは安心。

仕事は年内の連載、短編原稿が一段落し、中断していた長編を再開。
よし、潜伏する。

今朝は

今朝はTOKYO MX「モーニングCROSS」に出演。
生放送のテレビ出演は初めてだったのですが、内容が濃くて一時間半があっという間。

「一言いいたい! オピニオンCROSS」コーナーでは、『ストーカー規制法』に関して喋り、そのためにこの法律やストーカー被害についての問題を、改めて考えるいい機会にもなりました。


夜食はごま豆腐。
残った1パックは、そのうち天ぷらにする予定。
うどんやにゅうめんに入れても美味しいです。

TOKYO MX「モーニングCROSS」

11月12日、TOKYO MX「モーニングCROSS」に出演します。

朝7時からの生放送です。

四段締め

昨日のスポニチは、深志美由紀ちゃんの連載小説の下に、
私が書いた神田つばきさんの『わたしの妄想かなえてください』(三和出版)の紹介コラムが載り、
その下に大泉りかちゃんの、私たちも参加した同本出版記念イベントの打ち上げの模様が記されたコラムが載るという、
妄想四段締め状態でした。

先週は、同じくこのイベントに参加なさった映像監督、安藤ボンさんの『ボン脳即菩薩』を鑑賞。
女性の持つ重いものが軽やかに表現されていて、観た後、自分もじっとしていられない気持ち。

最近はよく、夜食にドロドロお味噌汁が登場。
お味噌汁にちょっと多めの水溶き片栗粉を回し入れ、煮立てた後、揚げ玉を載せていただくというものです。
具はナメコ、納豆、ホクホク大根、なんでもOK。
七味唐辛子や山椒を振ったり、柚子胡椒を入れたりすると、体がとってもあたたまります。

睦月影郎先生東久邇宮文化褒賞受賞パーティ

このたび、睦月影郎先生が「東久邇宮文化褒賞」を受章され、
昨日3日は、その祝賀会が行われました。

小説家、武道家、漫画家としてご活躍されている先生のもとに、いろんな方々が集まっての、とても素晴らしい会でした。

私は、睦月先生と30年近いご親交のある二見書房の米田郷之編集長とご一緒に司会を務め、前日までも当日も緊張はしたものの、光栄かつ濃密な経験をさせていただきました。
ご来場の皆様が、リラックスしたお顔で楽しそうにご歓談されていたのが印象的。

睦月先生の会は、様々な業種の方々が一同に集まってお話しできる会でもあって、これも睦月先生のご功績だけでなく、人を思い、愛されるお人柄故です。

米田さんも私も、「今日はとても呑んだり食べたりできないね〜。でもちょっとビールで緊張ほぐしたほうがいいかな…」などと言い合っていたのですが、最初の出番以降は、睦月先生や皆さんとお喋りしながら、ビールにワインにソーセージにと楽しませていただきました。

修羅の道を歩まれている方だと思う。
なにかで俯きそうになって、ふと顔を上げたら、毅然とのしのし歩いているこの方の背中が見えるとき、私もよっしゃ、と、拳を握って、自分なりの一歩を踏み出せることがあります。

11月4日TBS「林先生の痛快! 生きざま大辞典」

11月4日放送(一部地域)の、TBS「林先生の痛快! 生きざま大辞典」に出演します。

テーマと林先生が素晴らしいです。
私はともかくとして、ぜひご覧ください。
検索フォーム
リンク
QRコード
QR