お花見同店会

昨日はご近所さんたちとお花見。

天気予報では15時から雨とのことで、
そうしたら15時1分からぽつぽつしはじめました。
アメダスすごいなぁ。

曇っていたけど、桜って灰色の空にも似合うんですよね。
そういえば薄ピンク色と薄灰色って、
病院や図書館の配色に使われていることも多いです。

15時にはすっかり食べて呑んでいたので、
そこから居酒屋に移動して、三時間ほどまたお喋り。

メンバーは、以前あった定食屋さんの常連客と、
お店のお母さん。
毎日、肉、魚、野菜メインの、バランスのいい
日替わり三食を用意してくれて、
魚メインを頼んでも、肉料理も野菜料理を
サービスで出してくれるときもある、
いつもお腹いっぱいになるお店。

席はカウンター五席のみ。
呑みたいときは呑み、誰かと喋りたいときは喋り、
黙々と食べたいときはテレビを見ながら黙々と食べ、
みんな次のお客さんのために長居はせず、
食べ終わったらカウンターの台に食器を重ねて帰る、
自由であたたかいお店だった。
食べきれないときはお弁当にして持ち帰らせてくれた。

お母さんのお母様がご病気の間は、
私が留守番して皿洗いしたり、お客さんに小鉢を出したりって
こともしばらくあった。
昼間だけアルバイトさんがいたのだけど、
その方の本職が馬のお世話をする仕事だったので、
忙しい競馬シーズンや出産シーズンは、急遽私が呼ばれて
お弁当づくりや配達を手伝ったり。
そこでまたバイト料として、食べきれない量の
お弁当や余った素材をもらって帰り、
私の冷蔵庫は常に満杯だった。

定食屋がなくなってしまってからは、
常連客のおじさんのひとりが声をかけてくれて、
みんなで年に一度、集まってお花見している。
遠くに引っ越したご夫婦も、電車を乗り継いで来てくれる。

昨日は久しぶりにみんなでお母さんの手料理を囲んで、
自家製のおでんと蕗味噌もいただいて、
今日、起きて食べると、やっぱり体がほどける味。
お母さんとみんなが元気だと、本当に安心する。
検索フォーム
リンク
QRコード
QR