忘れた頃にくるのが

このところ、明け方に寝る習慣が続いていたのだけど、
昨夜は少し早い時間に仮寝のつもりでベッドに入ったら、
雷鳴で目が覚め、時刻は13時過ぎ。

知らないうちに風邪でもひいていたのか、
11時間も寝て、体力回復の実感。
睡眠は万病の薬です。

東京は久しぶりに長いこと雷が鳴り続けていました。
お出かけ先の人は大丈夫だったでしょうか。


最近、私に私怨を持つ人が、他人様を巻き込む形で
恨みをぶつけてきて、少々疲れていたところ。

世の中にはロックオンした相手にだけ見せる
狂気を持つ人がいて、
そういう人は不屈の精神力で、
狂気を薄めたり濃くしたりしながら持続させる。
こちらの被害は誰にも理解されない。

取材と思って眺めていれば、
いろいろと学ぶこともあり、
あえて事態を悪化させたくなる欲求を抑えている最中。
他人様のためにも、取材は自分で。


昨日、先月号の特選小説に寄稿した『極彩の女神』を、
ある編集者さんがわざわざ電話で褒めてくださって、
そんなことで気分がころっと上昇。

先週は、昔共演したベーシストさんが
『ドミソラ』の感想をくださって、
忘れた頃にくるのが天災と幸福。

サンスポ官能講座

今年もサンスポ官能講座が開かれます。

▼開講日 8月1、8、15日の各土曜日 
▼時間 14時~17時 
▼会場 産経新聞社東京本社(千代田区大手町1の7の2) 
▼参加費 一回5000円 
▼定員 各回40人 
◆講師 1日 丸茂ジュン、北山悦史 8日 橘真児、川奈まり子 
 15日 蒼井凜花、睦月影郎 
▼申し込み 電話03・3275・8948、FAX03・3243・8492。
〒100-8140 千代田区大手町1の7の2 サンケイスポーツ文化報道部
おはよう面「性ノン講座」係まで。

私は三年続けて講師をしたのですけど、
今年は外されました。
久しぶりに緊張感なく受講させていただくぜ。

全日行く予定。
15日の蒼井凜花ちゃんは、デビュー前からの友達。
彼女が今月出版した「令嬢人形」(双葉文庫)。
素晴らしい一冊だった。鳥肌が立った。
女の聖性と素朴さが狂おしく葛藤ながら調和している。

この凄み、ただの友達でいる頃から、
わかっているようでわかっていなかった。

だって最初に会ったのは私のライブの客席で、
女の子のお客はみんなメンヘラ全開なのに(それが可愛いんだけど)、
なんでこんな完璧なクールな美人がいるのって、
ビビってサインもいつもろくにできなくて、
でも彼女が私より一年早く作家デビューしたときに本を送ってくれて、
やっぱりおかしな人でした。

その後、一緒に呑むようになって、
ふたりとも奢りたがりなので、
毎回壁が水槽になっているレストランとかで甚だしく三軒、四軒、
最後は明け方に開いているファミレスで
限界まで豪遊しつつ、女同士の話を真剣にしたものです。

女の闇を清らかに浄化する人。
不器用すぎて真っ直ぐな、美しく誠実な作品。
今回は古巣のCAの制服で講師をするらしいです。
検索フォーム
リンク
QRコード
QR