わさびの悩み

東京駅前に、また日本一高いビルが出来るのかぁ。
あべのハルカス(300m)より高い390m。 61階建て。
2027年に完成予定だとか。

すごいなぁ、地球の建物はどこまでニョキニョキ伸びて
いくのでしょう。
現在、世界でいちばん高いのは、アラブ首長国連邦にある
828mのビルだそうです。

私も奈良の二月堂に上ると、平城の古都と遠い山並みを一望する
雄壮な景色に、
高いところに建物をつくりたい人の思いを実感するのですが。

日本ではいまあえて、国内で2番目とか5番目の高さを狙ったほうが
話題になるし、企業として好感を持たれる気もします。


ところで最近の悩みは、複数人でお刺身を食べるとき、
わさびをどうやってつけたらいいか、です。

私はいったんわさびを自分の分だけ取って、
醤油の小皿の端に置くのですが、
これだとお刺身を、いったんお醤油につけて、
わさびを載せて、になるので、お醤油をつけすぎになってしまいます。

わさびをべつの取り皿のほうに取って、いったんそのお皿に
お刺身を置いてつける、でもいいのですが、
なんだか取ってつけたひと手間で、
美味しそうな食べ方じゃない、というか、
お刺身はもっとささっと口に入れるものだと思うんです。

かといって、お刺身を取るたびに、全員で囲んでいる大皿のわさびを
載せて、というのも、わさびに毎回自分の箸をつけ、
大皿の上で自分のための作業をする、ということになるので、
失礼な行為かと思います。

小さなことかもしれませんが、毎回、悩みます。

でもいちばん困るのは、「とりあえずビール」のノリで、
「とりあえず刺身五点盛り合わせ」などと頼んでおいて、
自分ではほとんど手をつけない人。
もしくは、一時間も二時間もテーブルに置きっぱなしの人。

私も二人前までは食べられないし、
お刺身がカラカラに乾いて可哀想ですし、
お店の方にも申し訳ないです。

先日ご一緒した目上の方々は、大皿がテーブルに置かれた途端、
ぱくぱく召し上がって、私も遠慮なく美味しくいただけて幸せでした。

食べ物は鮮度も温度も味のうちなので、
お刺身はできれば20分、かかっても30分以内に食べたいです。
飾りじゃないのよ、刺身は。
漁師の孫として、そう願います。


ちなみに漁師の家で育った父や伯父伯母は、
わさびを醤油にぐるぐる溶いて食べます。

海原雄山には怒られ、マナーとしても下品とされる食べ方で、
気弱な私は外でやっちゃいけない気がするのですが、
実は溶かし具合のコツと塩梅が人それぞれあって、
本当はこの食べ方がいちばん好きです。
検索フォーム
リンク
QRコード
QR