また工事の話ですが

工事の音も、たまにベランダから作業の様子を眺めることで、
苦しさを軽減させられることがわかってきました。

何層にも組まれた細く長い足場と、
その上を、大きな機材を持って動き回る作業員さんたち。
壮観です。子供の頃、道路工事や大工さんの仕事を
わくわくしながら眺めていたことを思い出します。

また、人間の脳は予想される動きに対しては
反応を抑えるようにできているそうで、
たとえば足の裏を自分でくすぐってもこそばゆくないように、
音の鳴る場所や動きを眼で確認することで、
安心して聞けもするようです。

電話の声も互いに聞こえないほどの大音量で
ドリルが壁を削っていたときは、
つい「音、拷問」で検索してしまい、
辛い記事を読んでますます辛さに拍車がかかったのですが、
考えてみれば、レコーディングスタジオのエンジニアさんたちは、
同じ音楽や音を一日中、大音量で聞き続けているわけで、
辛くなったらベランダに佇み、ひとりエンジニアごっこするのです。
検索フォーム
リンク
QRコード
QR