生駒聖天お彼岸万燈会

「秋分の日」と打とうとすると、
相変わらず「醜聞の日」と出る私のパソコンですが、
22日の秋分の日は、生駒聖天お彼岸万燈会。

奈良の生駒山にある宝山寺の万燈会です。

宝山寺へは、生駒駅発のケーブルカーで6分。

IMG_1386.jpg

可愛らしいでしょう。
生駒山は、日本のケーブルカー発祥の地なんですよ。
しつこいですが、「発症の血」とまず出たパソコンにめげず、

山なので、参道は階段です。
600基の灯篭と1万個のローソクが点灯しています。
これは階段の途中で振り返ったもの。

IMG_1393.jpg

私の母が絵を描いた灯篭も、毎年、ふたつ灯されています。
プラス、昨年に描いたものが良かったからと、今年はもう一基。

行く先を見れば、ライトアップされた鳥居。

IMG_1423.jpg

お参りをして、

IMG_1425.jpg

舞台では箏と三味線の演奏に続き、
耳の聞こえない方々による奉納太鼓の演奏。

IMG_1437.jpg

IMG_1451.jpg

箏は、私も昔、こんな場所で何度か弾いたなぁと懐かしい感じ。
空気が湿気ていたので、日本らしい絃の音でした。

太鼓は、ただただ迫力。
中心となって率いている男性の、子供たちを舞台に上げての
パフォーマンスにも笑わせていただきます。

さらに、ネット抽選でもなかなか買えない
生駒のレインボーラムネが、ふつうに売られていました。

IMG_1439.jpg

数年前にテレビで紹介され、いまや伝説となっているラムネです。
ネット抽選に落ち続けている友人たちが喜びそう。

天気予報では、ちょうど万燈会の時間帯である
15時〜21時に雨が降るとされていたものの、
ポツポツと降りはじめたのが19時半頃。
多くの参拝客が濡れずに済み、
舞台のパフォーマンスも見せていただけて良かった。

灯篭は次々と火が消え、絵も濡れてしまいましたが、
その日だけの命だからこその輝きに、手を合わさせていただきます。

先週の采女祭に続き、
つくっている方々の、祭りを盛り上げようとする気持ちが
あたたかく伝わってくる万燈会でした。

帰宅すれば、犬が、
「ボクを放ってどこ行ってたんだよぅ」

IMG_1383.jpg

さて、執筆のほうは今日の夕方に一段落し、
明日からは重いグロ場面に突入。
そうか、だからパソコンが
「発症の血」などと張り切ってくれているのか。

采女祭り

毎年、中秋の名月に、奈良の猿沢池で行われる采女祭り。

IMG_1243.jpg

「『大和物語』によりますと、奈良時代に帝に仕えていた采女(後宮で
帝の給仕をする女官の職名)が、帝のご寵愛が衰えたのを嘆いて
猿沢池の池畔の柳に衣を掛け、入水したので、
その霊を慰めるために社を建てた。」
(奈良市観光協会公式ホームページより)
という、聞いた瞬間にイラッとくる謂れのある祭りです。

午後6時頃に猿沢池に行くと、
女性の声で采女の物語が、高らかに朗読されています。
「はるひめ、はるひめ、可哀相に!」
「遅かった、ああ、遅かった…!」

シュールです。
光景が美しく、いい匂いのするたこ焼き屋さんや
イカ焼き屋さんが並んでいるだけに。

IMG_1305.jpg

博多名物「はしやき」と、牛串を2本、食べつつ、

IMG_1273.jpg

久しぶりに見る「射的場」に見入っていると、

IMG_1302.jpg

あっ、采女の衣装を着た方々が、なにか用意をなさっている。
そろって船に乗り込んでいらっしゃいます。

IMG_1292.jpg

午後7時になると、二艘の管絃船が、ゆっくりと池を二周します。

IMG_1338.jpg

わー、きれい…!

IMG_1339.jpg

船と松明の煙が混ざり合って、水面に立ち昇る様も幻想的。

この祭りには「ミス奈良」さんのほか、
同じ采女伝説のある、福島の「ミスうねめ」さんも
参加なさっています。

入水自殺した女性の霊の鎮魂とか、
人出は奈良らしく、祭りなのに混雑しないとか、
辛気臭さと能天気さが混じっている、心地好いひとときでした。

この猿沢池の采女にはほかに、
「入水自殺は見せかけで、采女は本当に好きだった男の元へ
走った」という説もあります。
「その男は死んでおり、だから采女は後を追った」など。
時代とともに、祀られ方も変わっていくのかもしれません。

帰り道は興福寺を通り、ライトアップされた五重塔へ。
十五夜お月さんを隠した雲が、今夜だけの表情をつくっていました。

IMG_1358.jpg

一ヶ月ぶりに東京

昨日まで数日間、東京仕事。
山手線の先頭に立って景色を見ていたら、
東京ってつくづく、どこまで行っても都会だなー。

IMG_1195.jpg

奈良では、ちょうど田んぼに穂が実り、
キツネ色の景色が広がっているのですが、
大きな人工物が連なる都会の景色も、やたらと心が高まるものです。

初日は神楽坂へ。二軒目に行った料理屋さんでは、
長ーいツルウメモドキを、天井に這わせていました。

IMG_1196.jpg

生のときに幾本かを繋ぎ合わせて、そのまま乾燥させたのだとか。
挿してあるのは一個の大きな壷なので、
まるで壷が茶色い物体を吐き出しているかのような、おもしろい風情。

三日目は少し時間が空いたので、「シン・ゴジラ」を観賞。
これは映画館で観て良かった。ど迫力。

「好きにする」がひとつのキーワードでしたが、
実際、ゴジラは必死に好き放題、暴れていて、
現実の私たちの社会でも、大地は勝手に揺れるし津波は起こるしで、
だから人間だけが他生物や自然を守ったり、反省したりする必要は、
そんなにないんじゃないかと思うんですよね。
非常に登場人物の多い映画でしたが、
必死になにかを行っている人ほど、それが狡かろうが身勝手だろうが、
格好良く映る作品でした。

さて、疲れが残っている気がするのは、
きっと食べ過ぎ呑み過ぎのせい。
体を伸ばそうと庭に出たら、
蚊もたくさんいるけど、秋の虫が賑やか。

『妄想ノススメ 雅』最終回

私も大変、お世話になった番組、『妄想ノススメ 雅』が、
今回で最終回だそうです。

淋しいけれど、スタッフの皆さん、
深志美由紀ちゃん、大泉りかちゃん、逢見るいちゃん、
心からおつかれさまでした。

最終回の放送は、本日5日の15:00から。
その後のリピート放送もありますよ。

http://www.entermeitele.com/entertainment/mousou_miyabi.html

miyabi.jpg

もうひとつ、私が出ていた回も、
AbemaTVで放送されるようです。
8日の02:30から。
ゲストは「SILK LABO」プロデューサー、牧野江里さん。

https://abema.tv/channels/variety/slots/8aFPiF89s8eF5h?utm_source=social&utm_medium=social&utm_campaign=slot_share

moso.jpg

私の場合は短い間でしたが、学んだことがたくさんありました。
卒業後も、みんなから韓国ロケの話など、
聞かせてもらうのが楽しかったな〜。
皆様方に感謝&拍手です。
検索フォーム
リンク
QRコード
QR