『週刊ポスト』と『村上マヨネーズ』

ふだんは母が三食とも手の込んだ料理をつくってくれ、
ブランチに生春巻きなどが出されると感動します。
卵やキュウリ、レタス等のほか、
キムチと梅肉を入れるのが我が家流。
食欲のないときでも5、6本はぱくぱくいきます。

たまに懐かしくなるのが、
ひとり暮らしをしていた頃の即席夜食。
かつてはコンビニの浅漬け、いまは母のぬか漬けを
みじん切りしてマヨネーズで和え、パンに挟みます。
発酵の酸味の強いコールスローサンドが仕上がります。

さて、来週月曜日発売の『週刊ポスト』のセックス特集で
『蝮の舌』(イーストプレス悦文庫)が紹介されます。

『蝮の舌』(悦文庫)

mamushi.jpg

(タイトルをクリックすると、
 amazonの注文ページが開きます)

4日に関西で放送された
関テレ『村上マヨネーズのツッコませて頂きます!』は、
6月中に東京でも放送予定。

先日は最寄りの駅まで出かけたので、
おやつにたこ焼き&昼ハイボール。

IMG_2401.jpg

子供の頃、たこ焼きといえば爪楊枝で食べるのが主流で、
上手くタコを刺さないとくるんと地面に落ちて難儀していたものです。

東京に出て食べたたこ焼きは、ぜんぶお箸がついている。
えー邪道……でも食べやすい、落ちない!

いまは関西でも、お箸を出すところが多くなりました。
余所でアレンジされた文化の逆輸入かも。

今夜は珍しく夜更かしで、ちょこっとコニャックを。
実家で飲むお酒って、罪悪感という甘美がブレンドされています。
検索フォーム
リンク
QRコード
QR