『溺愛』大阪上映開始

昨日はチーズカール難民となった東京の知り合いに、
カール数種類&ドリンク「みっくちゅじゅーちゅ」を郵送。

チーズカール、好きな人には麻薬ですよね。
私も自分の分を一緒に買い込んで、食べはじめたら止まらず、
キーボードが汚れないよう、お箸で食べています。

さて本日から、大阪シネ・ヌーヴォXで、映画『溺愛』が上映。

溺愛チラシ表_c

大阪シネ・ヌーヴォX

上映スケジュール:7月15〜21日。13:30〜
            7月22〜28日。20:20〜

<解説>
うかみ綾乃による官能小説「姉の愉悦」を映画化。漁師だった両親を幼い頃に亡くし、ひとりで懸命に弟の漣の面倒を見てきた凪は、生まれ育った海の近くの土地で暮らしていくことを願っていたが、漣は町を出ていこうとする。2人の思いはすれ違い、凪の弟への深い愛は次第に狂気へと向かっていく。AV男優たちの本音に迫った「セックスの向こう側 AV男優という生き方」や、女子プロレスラー・安川惡斗の半生を追った「がむしゃら」などのドキュメンタリーを手がけた高原秀和が監督、脚本。

原作はこちら、『姉の愉悦』。

qnenoyuetsu.jpg

amazonの注文ページは、こちらをクリックしてください。
検索フォーム
リンク
QRコード
QR