『溺愛』上映会&トークイベント無事終了

27日のシネマノヴェチェントでの
『溺愛』上映会&トークイベントが無事終了。

会場は映画好きのオーナーさんが
ご自分で映画を仕入れて上映なさっている、
昭和レトロな素敵な異空間でした。
国内外の名作のポスターに囲まれながら、お酒や食事も楽しめます。
お客さんも映画を愛する、ちょっと癖のある方々ばかり。

http://cinema1900.wixsite.com/home

オーナーさんと高原秀和監督、私との三人トークも
毒っ気のある内容となり、
皆さんに楽しんでいただけたのなら、なによりです。
私にとっても新たな出会いや再会の多い、良い一日でした。

東京にはほかにも打ち合わせで数日間、滞在しており、
今回、なにがなんでも久しぶりに行きたかったお店が、
新宿歌舞伎町の「青葉」。
昭和を舞台にした小説等にも登場する、
48年の歴史を持つ台湾料理店です。

IMG_3112.jpg

辛みの深いシジミの醤油漬けや、

IMG_3110.jpg

IMG_3113.jpg

台湾豆苗にキクラゲと卵の炒め物。フカヒレギョーザ。
食べるたびに舌が輝きます。

IMG_3118.jpg

いちばんのお目当ては、臭豆腐の炒め物。

IMG_3115.jpg

発酵させた豆腐に火を通すことで、さらに臭みの増した一品。
お酢の効いたネギダレをまぶしていただきます。
止まらない。紹興酒が進みすぎる。
炒飯も麺類も美味しい。

歌舞伎町では、うなぎ専門店「うな鐵」にも行きました。
こちらも創業して50年以上になる老舗。

IMG_3103.jpg

IMG_3106.jpg

肝に短尺、レバーにくりから、白ばらなど、
様々な部位を串でいただきます。
オススメは一階のカウンター席。
焼いている煙の匂いだけで、日本酒三合はいけます。

持っていったプロットが二本とも通ってホッとして、
話が弾んで飲みすぎて、
ホテルへの帰り道は、二日続けて雪にすべって転びました。

一度目は単独ですべったのですが、
二度目は私が立ち往生したせいで、
後ろを歩いていた男性のリズムが崩れて「うわっ!」と転んでしまい、
「すみません!」と振り向いたところで私も転ぶという、
運動オンチの起こした巻き込み事故です。

その方にお怪我がなかったようで、本当に良かった。
皆さん、雪で地面が凍っているときは、
鈍臭そうな人間のそばを歩かないよう注意してください。
私なんかとぶつかって入れ替わったらエライことです。

べつの日に行ったのは、やはり新宿のタイ料理店。

IMG_3120.jpg

IMG_3121.jpg

ピリカラ春雨サラダやナンプラーの効いた揚げ物等のほか、
トムヤムクンスープとトムヤム炒飯とトムヤムクンラーメン。
いま私の血液はトムヤムクンで出来ています。

最終日の、映画関係者さんたちとの
揚げ物三昧の打ち上げも楽しかった。
食べてばかりのようですが、食欲は健康のバロメーター。
魅力的な方々とお会いして心がワクワクすると、
頭も身体も貧欲になります。

妖しげな水槽のウツボさんとも遭遇しました。

IMG_3095.jpg

IMG_3097.jpg

IMG_3099.jpg

帰郷してからの楽しみは、
友達から母へのお土産でもらったチョコレート。

IMG_3138.jpg

お花とてんとうむし。可愛い。

彼女からは以前、ジーンズももらったのですが、
しばらくは穿かないようにしなければなりません。
日によってはファスナーが上がらないこともある、
私の体型のバロメーターなのです。

さて、またちょっと忙しくなります。
日常に戻る前に、これからタコ焼きとビールで頭を活性化。

芸術はパンクだ太陽の塔

太陽の塔の内部見学の予約サイト。
ニュースでご存知の方もいらっしゃると思いますが、
受付開始予定だった昨日の10時前からダウンしっぱなしです。
なんでも一秒間に三万人がアクセスしてパンクしたのだとか。

その三万人のひとりである私。
今日も朝から数十分ごとに確認しているものの、
復旧のめどはまだ立っていない模様。

大阪府さんよぉ、12月の先行予約の際も、
同様にアクセスオーバーでダウンしたよねぇ。
せっかく素晴らしい催しをやってくれるんだからよぉ、
何度も同じヘタ打つんじゃねぇよぉ。

現場の受付スタッフさんたちは
大変なご苦労をされているでしょうし、
職場の接待係さんや、
自分で取材ルートを確保するライターさんなど、
どうしてもチケットを取らなきゃならない人たちもいます。
心穏やかでない数日を無駄に与えないでほしい。

そもそも基本的にネットでしか予約できないシステムがおかしい。
1970年の大阪万博を懐かしんで見学したい人たちにとっては、
パソコンやスマホからの予約はハードルが高すぎます。
しかもチケットがQRコードだなんて、恐怖の領域。

もうわからない方々がいたら、私が代わりに予約して
連れていって差し上げたい。
こんな優しくないシステム、岡本太郎さんも望んでないよ。
いまからでもハガキや電話による受付をはじめていただきたいよ。

と、久しぶりに怒りモードの二日間を過ごしつつ、
今日はちょっといいこともあり、
ささやかなお祝いでケーキを買いました。

IMG_3094.jpg

いちばん下のは、人生初のイチゴ大福。
大阪万博とそう間を置かず生まれた私としては、
挑戦順位のかなり下方にある食べ物だったのですが、
食べなかった過去の自分の胸ぐらをつかんで勧めたい。
なにこれ超絶美味しい凄まじい。一個だけ残っててくれてありがとう。

「倭〜YAMATO」公演を観てきました

昨日は奈良の明日香村を拠点に、世界で活躍する
和太鼓集団「倭〜YAMATO」のコンサートへ。

IMG_3061.jpg

http://www.yamato.jp/
公式サイト。かっこいい。

IMG_3063.jpg

躍動する和太鼓と肉体。
音もパフォーマンスも圧巻のド迫力。
観ながら、心臓がずっと共鳴しています。

ちょっと笑えるパフォーマンスもなさるのですが、
メンバーさんたちのキュートさに蕩け、
身体能力のあまりの高さに茫然。
筋肉の動きが機能美の極致です。

引き込まれながら、昨年、宝山寺のお祭りで観た、
耳の聴こえない人たちによる和太鼓演奏を思い出しました。
打楽器は人類最初のコミュニケーションツールとも言われていますね。
身体に直接パワーをぶち込まれた二時間半でした。

IMG_3067.jpg

会場は、私にとって思い出のたくさんのある奈良文化会館。
中学、高校のときに吹奏楽部でコンクールに出たり、
演奏会を開いた場所です。
「バンドのための民話」ではソロを吹き、
「イタリアン奇想曲」は鬼のように難しかった。

IMG_3070.jpg

4歳くらいで生まれて初めて観たコンサートも、
ここで開かれた田中星児さんのコンサートでした。
鬼のパンツ、大声で歌ったなぁ。

IMG_3076.jpg

緞帳は平山郁夫氏の描かれた藤原京と大和三山。

IMG_3074.jpg

中大兄皇子が万葉集で歌っている
畝傍山、耳成山、天香久山の歌は、
中大兄皇子と大海人皇子と額田王の
三角関係を示唆しているとも言われています。
この緞帳、私が子供の頃は、
上村松篁氏の鳳凰が描かれていた気がします。

IMG_3078.jpg

一応、ひと様が写らないよう配慮はしているつもりですがが、
わりかし中心街にある大きなホールなのに、
本当に人が写らない奈良です。

IMG_3082.jpg

鹿はいます。
みんな黙々と草を食べています。

IMG_3086.jpg

お年を召した鹿にしてはお尻が白い。
これ、ウ○チをするときはパカッと開きます。

IMG_3083.jpg

IMG_3087.jpg

今頃の鹿は角きりの跡が丸く、小鬼さんみたいで可愛いですよ。

22〜27日横浜シネマノヴェチェント

1月22日(月)〜27日(土)、
映画『溺愛』(原作『姉の愉悦』幻冬舎アウトロー文庫)が、
横浜シネマノヴェチェントにて上映されます。

タイムテーブル:
1/22(月)、23日(火)19時~
1/24(水)~26(金)17時~
1/27(土) 13時~

☆先日は21日〜27日の上映、
私の舞台挨拶は21日とお伝えしましたが、
正しくは上記の日程です。

☆また、うかみは27日の上映後のトークイベントに出席します。

情報が変更してごめんなさい。
どうかお間違えのないようお願いします!

横浜シネマノヴェチェントのご案内はこちら↓

http://cinema1900.wixsite.com/home/1900information

良かったらぜひお越しくださいませ。

溺愛チラシ表_c

原作はこちら、『姉の愉悦』。

qnenoyuetsu.jpg

amazonの注文ページは、こちらをクリックしてください。

明けましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

「今年も皆様にとって良い年でありますように」と
奈良の鹿愛護会のキャラクター、ならのしかおくんが
叫んでいます。

IMG_3027.jpg

お昼から菩提寺の元日の法要に出席して、
その後は春日大社へ初詣。
今年も人でぎっしりです。

頭を見上げれば木々が太陽に光っています。
冬は枝振りの見事さや蔓を楽しめるのがいいですね。

IMG_3030.jpg

IMG_3032.jpg

ですがあまりの混雑ぶりに、迷子も続出。
途中、警察官が待機している連絡所の前では、
5歳くらいの女の子が「マミー、マミー!」

観光客なのか、英語しか話せない様子。
警察官ふたりが慰めていますが、
うわーん、不安で怖いよねー。
お母さん、早く迎えにきて。
帰宅してからも、あの子がすぐにマミーと会えたのか、
気になってしまいます。

もうひとり、公衆トイレで見かけた女の子も気になります。
女性トイレのほうは30人くらいの行列。
対して男性トイレは7〜8人。
いいなー、と男性トイレを見ると、
20歳くらいの女の子がひとり、スマホを見ながら列に加わっています。

人を見かけで判断してはいけませんが、
おそらくスマホに意識を奪われて、
間違って男性トイレに入ろうとしている図で正しいと思います。

そして入っていきました。
うーん、男性トイレにも個室はありますが、
元日のご用を彼女は落ち着いて足せたのでしょうか。

IMG_3033.jpg

冷えた空気に気持ちが引き締まります。
お札を納めて、お参りをして、次に向かうのは護国神社。
春日大社もそうですが、子供の頃、
ここにもよくピクニックに来ていました。

IMG_3038.jpg

IMG_3040.jpg

雲の表情が素敵。

IMG_3041.jpg

IMG_3043.jpg

IMG_3046.jpg

焚き木には、神社内や周辺の古い木を使います。
煙は杉や檜の香りがします。

IMG_3047.jpg

IMG_3050.jpg

打ち出の小槌などの模様の彫られた瓦。

IMG_3054.jpg

IMG_3055.jpg

最後に白と赤の椿を眺めて、帰路へ。
夕方の空に枝葉が流れるようです。

IMG_3052.jpg

IMG_3056.jpg

さて、飲んで食べる日が続いていましたが、
今日から徐々に日常モード。
皆さん今年もよろしくお願いします。
検索フォーム
リンク
QRコード
QR