ニャンニャン…『嗤う肉』

ゲラと一緒に、思いがけずいただいた……

in.jpg

「おそ松さん」のクリアファイル。
四男の一松とエスパーニャンコ。

oso.jpg

好きなものは好きだと、素直に表明してみるものです。

素直になって損することもたくさんあるけれど、
「世界はこんなにも優しい」、と感じることもあるものです。

あ、ゲラもちゃんと見ます。
連載中の『嗤う肉』。

ちなみにこの出版社の社長さんがお若い頃、
赤塚不二夫さんの担当編集者さんでした。
当時のエピソードを伺うと、
泣いたご苦労話ほど、楽しそうに話されます。

pa001.jpg

小説はこちらから↓

https://www.yomuco.jp/comic/116

少女時代に、苛めにより全身大火傷を負った姉と、
姉の生活のすべてを守りながら、
加害者たちへの復讐を繰り返す弟。

更新が不規則なのが、ごめんなさい。
今回のゲラも気持ち悪い話でした。
自分なりの真骨頂を出せた作品だと思っています。
どうぞ読んでください。

男子フィギュア素晴らしかったです

昨日と今日のオリンピック男子フィギュア、素晴らしかったです。
羽生くんの復活の演技はもちろん、すべての選手に魅せられました。

彼らは技術だけでなく、滑る姿そのもので目を惹きつけますね。
ミスをしてしまったけれど、イスラエルのダニエル・サモヒーン、
ジョージアのモリス・クヴィテラシヴィリの演技も、
最後まで息を呑んで見入りました。
選手たちの滑った跡のついた、氷の模様がまた美しい。

フィギュアスケートは、選曲でも楽しめますね。
今回もっとも私が昂ったのは、
カナダのパトリック・チャンの演技に使われていた、
ジェフ・バックリィの「ハレルヤ」。

jb.jpg

アルバム『GRACE』の中の一曲。
オリジナルはレナード・コーエン。

U2など様々なミュージシャンがカヴァーしていますが、
ジェフ・バックリィの祈念の凝縮したような声に、
引きずり込まれるような深みがあります。

好きな曲を自分のCDやデータで何度聴いても、
テレビや外出先で偶然耳にしたときの感動は、また格別。

素人耳にはすっごく飛びにくそうな曲なのですけど。
選手は自分の血肉に溶け込ませるんだろうなぁ。

タイトル曲「GRACE」も、良かったらぜひ一度聴いてみてください。

雪景色

朝起きたら雪景色。

IMG_3274.jpg

きれいだな。
様々な災害も起こす雪ですが、
白色であるおかげで、救われている面が随分とあると思います。

IMG_3275.jpg

昨夜、ベッドで本を読んでいたら、ちょうど深夜12時、
友人がLINEごしに、ワインと鶏レバーで誕生日を祝ってくれました。
そうなると私もモゾモゾと起きだして、台所で缶ビールをプシュッ。

おつまみは、残っていたホウレンソウと昆布のお浸しをベースに、
即席でつくった豆腐の白和え。

IMG_3271.jpg

夜に自宅でお酒を飲むのは久しぶり。
ふだんは明るいうちにしか飲みません。

これは「酒は朝に飲め」という北条氏康の教えに倣っています。
氏康曰く、「夜の酒は失敗しやすい。
朝だと深酒することもなく、午後には酔いが冷め、
なにかと異変の起こりやすい夜に、冷静に対処出来る」

戦国時代。彼が闘っていた武将は、
サイコイケイケ酒豪の上杉謙信や、ガチ攻め酒豪の武田信玄。
ストイックな氏康は、いつ来るかわからない夜襲に常に備え、
戦に勝った後でも、勝利の美酒を飲まなかったそうです。

サイコイケイケとガチ攻めに萌える私としては、
ストイックを真似したい所存。
明るいうちでも深酒しますけど。

今日は誕生日会で外出する予定だったのですが、
足元が危ういので延期。
代わりにと、いま母が、私の好きな酢豚をつくってくれている模様。
お酢と豚肉の匂いが、午前中から飲欲をソソります。

奈良の平群産の、赤イチゴ、ピンクイチゴ、白イチゴも、
それぞれの甘さがあって美味です。

IMG_3266.jpg

バースディメールをくださった皆さん、心からありがとうございます。
どうぞ、あたたかな冬の一日を。

京都散策3

前回の続き(3)です。

夕食は「京やきにく 弘 八坂邸」さんへ。
旧暦十三日の月も輝いています。

IMG_3236.jpg

IMG_3235.jpg

大阪風の焼き肉に慣れた私には、
「京やくにく」とは? との疑問があったのですが、
美しい庭を眺めながらの上品なコース料理。
でもボリュームはたっぷり。
口に入れるとすぐに溶けて、ずるいよずるいよ。

IMG_3243.jpg

里芋のポタージュに、

IMG_3244.jpg

和牛珍味と季節の彩りの盛り合わせ。

IMG_3248.jpg

和牛タルタルサラダ仕立てと、

IMG_3249.jpg

牛とろの霜降り寿司。

この後もステーキ三種ややきにく二種など、延々と料理が続き、
私はもう写真を撮らず、食べることに熱中した次第。

このお店はワイン蔵も所有していて、客の好みに合わせた
銘柄を選んでくださいます。

IMG_3241.jpg

ライトアップされた庭。お手入れが見事。
松の木が綿のようです。

IMG_3239.jpg

天気にも恵まれて、いい一日でした。
立ち寄ったお店の方々にも、楽しいお話をいただいて感謝。
また違う季節に、ぜひ訪れたいものです。

京都散策2

前回の続き(2)です。

京都の産寧坂を歩くのは中学生の頃以来。

当時はお土産物屋さんにしろ、湯豆腐屋さん、骨董屋さんにしろ、
茶色い感じのお店が並んでいましたが、
いまは外国人観光客向けのカラフルなお店がいっぱい。

聞こえてくるのも9割方が中国語で、皆さん、
レンタル着物を着てソフトクリームや豆腐饅頭を
召し上がっていました。

わー、井筒八ッ橋本舗の看板娘、夕子さん。

IMG_3192.jpg

八ツ橋アイドル界ではもうひとり、聖護院八ッ橋総本店の
おたべちゃんも有名です。

IMG_3195.jpg

坂の風景や、途中、かんざし屋さんなどに寄りつつ、
ふと見上げれば清水寺。
圧巻。階段数も凄い。
観光客の皆さんは、キャリーバッグを持って逞しく上っています。

IMG_3198.jpg

元馬小屋につくられた、桧皮葺の模型。精密。

IMG_3205.jpg

上って、上って。

IMG_3208.jpg

清水の舞台付近からの京都の山並みと町並み。
わー、あんなところから上ってきたのか。
自然と人の営みが溶け合っています。

IMG_3211.jpg

一面の桜の木。
春は美しいピンク色に染まるのでしょうね。
冬は冬で枝ぶりが迫力。

IMG_3213.jpg

少し離れた場所から見た清水寺。
いまは修繕工事が行われていました。

修繕も、鉄筋などを使えば早いのでしょうが、
おそらく景観を守るために、すべて木組みで行われていました。

IMG_3221.jpg

帰り道に寄った喫茶店で、

IMG_3218.jpg

このお店名物の、珈琲ぜんざいを注文。
小豆とバニラアイスクリームの上からカフェオレをかけて、
混ぜてスプーンでいただきます。
優しい甘さ。

次に目指すは建仁寺。

と、その前に、途中にあった六道珍皇寺というお寺に
立ち寄りました。
ここには小野篁が冥界に通ったとされる井戸があり、
この付近が「六道の辻」とされてきたのだとか。

六道とは、地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天上と、
人間が業因によって巡る六つの世界のことですね。

個人的には非常に興味を引かれるお寺さんで、
写真を撮ると、なにか写りそうな気配がありました。

お地蔵さんもたくさんいましたよ。
お地蔵さんは、仏さんの中では唯一、下界にも出張して
衆生を救ってくれる存在です。
賽の河原で子供たちを慰めてくれるのもお地蔵さんです。

瀟洒な建物を用意されているほかの仏さんに比べると、
吹きっさらしの中に佇んで世を見つめる彼らに健気さも感じて、
私はお地蔵さんファンです。

このお寺のことは、今度またゆっくり調べよう。
今回は丁寧に手を合わせて、

IMG_3229.jpg

建仁寺です。

IMG_3224.jpg

そうそう、寺社巡りをするときは、
あらかじめポケットに小銭を仕込んでおいたほうが便利です。

このお寺も、あっちに賽銭箱、こっちに賽銭箱。
賽銭箱が口を開けていると、幾らかでも
入れなきゃならない気がするものです。

IMG_3226.jpg

すぐ間近で大きなサギが翼を広げて飛び立ち、
池では整った庭が揺らめき、
靴音が静かに響きます。

IMG_3232.jpg

また喫茶店で一休み。
今度は抹茶オーレをいただきます。
この時点で歩数計は約16000歩を差していました。

次はいよいよ夜のお食事。

京都散策1

先日は京都の東山あたりを散策してきました。

祇園四条駅付近から望む鴨川。
柳の枝が表情を添えています。
雲の濃淡も美しい。

IMG_3147.jpg

大石内蔵助が昼行灯時代に遊んだという一力茶屋。

IMG_3162.jpg

八坂神社に入ると……

IMG_3163.jpg

猫が睨み合って唸っていました。

IMG_3166.jpg

この写真を撮った後に、上の子が下の子に飛びかかって、
大声で喚きながらの取っ組み合いの大喧嘩。
どんな事情があったのでしょうか。
互いに怪我がなければいいのですが。

かと思うと、虚無僧の尺八ストリートライブ。

IMG_3174.jpg

めっちゃ格好いい。
私が前の箱にお金を入れると、周りの人たちも入れはじめていました。

IMG_3176.jpg

IMG_3178.jpg

庭も町並みも趣たっぷり。

IMG_3179.jpg

一緒に歩いた京都の親戚が、
「ねえ、京都はどこもお庭がきれいで、
吹きっさらしの奈良とは違うてねえ」と
素で言うのにも、京都魂を感じます。

IMG_3181.jpg

IMG_3184.jpg

歩いていると、北政所が豊臣秀吉の菩提を弔うために建てた高台寺に。
ねねの道を上ります。

IMG_3185.jpg

日射しに青葉がきれい。

IMG_3187.jpg

こういう寺社に来ていつも思うのは、
脚の悪い人やお年寄りにも優しいバリアフリーにならないかなと。
せめて石段に手すりがあれば、もっと多くの人が訪れるのになぁ。

さて次は、産寧坂を上って清水寺を目指します。
検索フォーム
リンク
QRコード
QR