『蝮の舌』『獣夜』Kindle配信開始

『蝮の舌』(第二回団鬼六賞大賞受賞)と『獣夜』が、
Kindleで配信開始されました。

513kv7P9c-L.jpg

https://www.amazon.co.jp/%E8%9D%AE%E3%81%AE%E8%88%8C-Aubebooks-%E3%81%86%E3%81%8B%E3%81%BF%E7%B6%BE%E4%B9%83-ebook/dp/B07F34FBWT/ref=sr_1_25?ie=UTF8&qid=1530310125&sr=8-25&keywords=Aubebooks

61-_2WedmWL.jpg

https://www.amazon.co.jp/%E7%8D%A3%E5%A4%9C-Aubebooks-%E3%81%86%E3%81%8B%E3%81%BF%E7%B6%BE%E4%B9%83-ebook/dp/B07F33LT6L/ref=sr_1_3?ie=UTF8&qid=1530310505&sr=8-3&keywords=Aubebooks

良かったらぜひ読んでください。

ワールドカップで盛り上がっていますね。
ふだんサッカーオンチな私でも、
ハマれば一緒に熱くなれるお祭りですが、
今回はハマるタイミングさえ逃してしまった。
わからないけど応援だけしよ。

おっぺしゃんもむぞらしか〜

大相撲の番付風に、熊本弁が記された手拭いです。

IMG_3841.jpg

左端の「むぞらしか」=「かわいい」は、
島津亜矢ちゃんのコンサート冊子のタイトルでもあるのですが、
真ん中あたりの「みにくい女」は「おっぺしゃん」なんですね。

貶し言葉ほど、なんだか響きに愛嬌があるという、
熊本弁って、そういうところある。

「ぼんやり」は「てれっと」。
小学生の頃、熊本で親戚たちと墓参りに行く途中、
従妹とふざけながら歩道を歩いていたら、
後ろから祖父に「てれっとすな」と叱られたことを思い出します。

厳しい人で、しわがれた声に迫力があった分、
言葉の響きを、可愛らしく感じたものでした。

さて、また行ってまいりました。
太陽の塔の内部公開。

IMG_3711.jpg

この猫背の太陽の塔くんを、内臓ごと好きになってしまいました。

IMG_3707.jpg

今回は万博記念公園内もぐるりと散策したので、
そのうちまた写真と一緒に紹介しますね。

鹿たちのアビーロード

ハッピーエンド前提で書いているいまの作品。
終盤あたりになって、
バッドエンドにしたい病が出てきて辛い。

毎日、バッドな妄想をし倒してボロボロになってから
原稿を書くか、もう駄目元で2タイプ書いちゃうか。
包丁っていいよね、と、キッチンに立つたび、
頭が違う世界に投げ飛ばされています。

ラッキョウは本漬けに入って、もうすぐ食べどき。
次は梅干しです。
梅は漬ける前の青い状態のものに、
ちょっと塩をつけてカリカリ齧るのも美味しいです。

ところで最近は新聞を読むのを忘れがちなのですが、
昨日は母が「見て見て、これ」と。

IMG_3839.jpg

鹿たちのアビーロード。
読売新聞の大阪写真部の方が
五日間粘ってお撮りになったもので、
場所は右が春日大社、左が東大寺の横断歩道です。
歩く間隔や脚の位置まで、これぞの風情を醸し出す一枚。

奈良の鹿愛護会ではいま、
生まれたばかりの子鹿を紹介する「子鹿公開」を、
奈良公園の「鹿苑」で開催中ですよ。
検索フォーム
リンク
QRコード
QR