暑い

20年ほど前に、
『戦争はファッキン暑いかファッキン寒いかのどちらかだ』
のモノローグではじまる、アメリカのベトナム戦争映画があって、
たまに、“アメリカはベトナムに負けた劇的な悔しさから、
ベトナム戦争ものばかりつくるんだ”との意見も聞くけれど、
ゴルフ好きのおっちゃんたちも、
『ゴルフはクソ暑いかクソ寒いかのどちらかや』と言います。

ずっと以前から、夏の大阪は沖縄よりも気温が高かったのですが、
近年は北陸あたりも沖縄気温を超えていて、
どこに行っても身体の限界値とそのときの事象を
脳味噌に叩き込まれます。

熱中症によって、学校や職場で人が倒れるとの
ニュースも続いていますね。
こういうのはそろそろ、教員など、
被害者が抗えない立場であった責任者による
業務上過失傷害等の刑事事件として扱うべきなのでは。

民事だと、被害者が私立に通う生徒だったり、
同じ会社の同じ業務でも
男性よりも時給の低い女性だったりした場合、
訴えが通ったとしても、賠償金に差が出ているようで。

昔の気温が脳裏に焼きついたまま、
体感温度まで失っている脳老人さんが
物事を左右する立場にいるのは、
地球上の「異常」と言われる気象よりも問題。

なんでもないようなことが涼しかった、と、
過去に撮った写真を見返して、
わあ、5月の万博記念公園の画像が出てきた。

IMG_3674.jpg

紅葉は傘のように見事に平たく葉を連ねます。
7月のいまも、彼らは歩く人たちの日傘になっているのかな。

IMG_3677.jpg

IMG_3680.jpg

緑の中で響く清らかな水音に、
自分が浄化されて消滅していくようでした。

あと、筍が竹になる過程を、皆さん、ご存知でした?

私は存じませんでした。
筍の皮がこんなふうに剥けて、中から竹が現われるのです。

IMG_3688.jpg

こんな思春期の剥けた若竹が、あちらこちらでニョキニョキと。

なんかこんな精一杯にズルズルした子たちを見て、
朔太郎の竹の詩を思い出し、
あの人は剥けていなさそうなイケメンで本当に剥けていなかったん
だろうなマジで萌えるなと思った次第です。

IMG_3690.jpg

暑いわー。
毎日、母のお手伝いだと思って庭の掃除したり
植木の水遣りをしながら、
蚊とかよくわからない虫に刺されて、
なんで親孝行してしてるのにこんなに痒くて怖い目に遭うのか、
本当にこの世は理不尽だと思います。
検索フォーム
リンク
QRコード
QR