鳥彌三さん

前回の続きです。
永観堂 禅林寺の後に伺った、
鶏鍋のお店、鳥彌三さん。

IMG_4179.jpg

1788年の創業以来、外観はほぼそのままだそうです。

IMG_4180.jpg

坂本龍馬もこの暖簾をくぐったのでしょうか。

IMG_4182.jpg

個室の前にあったつくばい。
ガラス(?)の鯉がいます。

IMG_4188.jpg

こちらは明治時代の後に増築された部屋ですが、
畳にテーブル&椅子が龍馬っぽいです。滾ります。

IMG_4191.jpg

左の額縁の文字は、「無事」と書かれているそうです。

IMG_4183.jpg

窓からの眺め。
風が吹くと揺れる柳が色香を漂わせます。

まずは生ビールをいただき、

IMG_4194.jpg

一品目。奥のは豆腐。愛らしい小鉢。

お食事しながら写真を撮るのは一皿目だけ、
と思っていたのですが、
その後、中居さんがお料理を運ぶたびに、
「お写真撮はらるなら、取り分ける前にどうぞ。 
いえ最近は、撮らはるお客さんも多いよって」と、
私の前にお皿を置いてくださりました。

IMG_4197.jpg

鴨ロース。
味はもちろん、鴨独特の程よい硬さが歯でも美味。

IMG_4199.jpg

鳥皮の揚げせんべい。
これだけ食べて飲み続けたくなります。

IMG_4200.jpg

だし巻き卵。
大阪生まれ奈良育ちの私としては、
卵焼きは塩味ベースの、出汁は入れないシンプルかつ、
混ぜ具合も黄身と白身が混ざりきっておらず、
焼き加減は白身がまだトロッとしているのが好きなのですが、
これは生まれて初めて美味しかった。

美味しいと思ったら日本酒もいただきたくなります。

IMG_4205.jpg

伏見の純米吟醸。
お花の金箔は、お猪口の模様にも見えますが、
お酒に入っているものを、中居さんが
「綺麗に注げるかしら、あ、できそう」と、
丁寧に注いでくださったもの。
すっきりとしたお味です。

IMG_4202.jpg

唐揚げ。
ひと口いただいた時点で、日本酒がさらに愛しくなり、追加。

IMG_4196.jpg

お鍋は、一品目をいただく前からスープがぐつぐつしていて、
中居さんが湯呑みにスープを注いでくださります。
濃厚で上品で、なんというか舌の深いところまで染み込みます。

このお店の素晴らしさのひとつは、中居さん。
基本的には個室ならではの
身内同士の気兼ねの無さで過ごしつつも、
お代わり等をいただきたいときに、さらりと来てくださいます。

なんか鍋料理って、おじさんが仕切る飲み会などではよく
注文されるのですが、
女性や若い男性は、よそったりするので忙しくなりがちで、
かといってお高いお店だと、中居さんがずっとそばにいて、
よそっていただくのは、たとえば家族だと、
はい最初にお父様、次、お母様、次にご長男さん、ご次男さん、
最後にご長女さん、という感じで、
私、それがうっとうしくて苦手で、
お鍋なんか、好きな味で好きなものを食べたいし、
自分のペースで楽しみたいし、と、
外で鍋料理を食べることに偏見があったのですが、
このお店はとにかく美味しくて美味しくて、
しつこいですが美味しくて、
時間の過ごし方もゆったりとし、舌も心も輝くひとときでした。

骨つきの鳥と京野菜、お豆腐、お餅を堪能した後、
ふっくらと柔らかな雑炊をいただきます。

IMG_4207.jpg

デザートはほうじ茶と一緒に。
竹串で閉じられた笹の葉を開くと、

IMG_4208.jpg

わらび餅。
ぷるぷるむにょむにょして、口の中で溶けます。溶けます。

お店を出た後は、食材を見て回るだけでも楽しい錦市場を歩き、
母へのお土産に鯖寿司を。

IMG_4211.jpg

脂が乗った鯖で美味でした。

帰宅後は、まず関口雄渾を検索。
札幌に美術館があるようです。
機会をつくって行きたいなぁ。

というわけで、秋の京都、
贅沢な時間をいただきました。

永観堂 禅林寺

お天気に恵まれた先日、京都の永観堂 禅林寺へ。

IMG_4129.jpg

素晴らしい紅葉。

IMG_4150.jpg

歩きながらたまにスマホをかざして
撮っただけなのですが、
どこから見ても木と目が合います。

IMG_4132.jpg

木々も葉っぱも余計なことを考えず、
ただ命を燃やしている、という感じ。

IMG_4134.jpg

釈迦堂の池。

IMG_4139.jpg

人がたくさんいたのに、
たったひとりで歩いている感覚になりましたよ。

紅葉シーズンのいまは、
拝観料が600円から1000円に値上がりしているそうで、
一緒に行った京都人が、思わず受付で「ボるなぁ!」

でも中に入ってみると、
日々、大勢の人間が廊下や畳を踏みしめる建物の、
こんな見事な木組みや瓦を維持なさるのは
さぞかし大変で、ありがたいこと。

IMG_4147.jpg

阿弥陀堂には、左横を向いているお姿の
「みかえり阿弥陀」がいらっしゃいます。

横を向いている阿弥陀如来。
これはもう感情を持っていらっしゃるようでした。

お顔を向かれている左から見上げると、
なにかお声をかけられている気さえして。

永保2年(1082年)2月15日、
このお寺の第七世住職である永観律師が、
明け方の冷え切ったお堂で行道の修行(歩きながら念仏や
お経を唱える修行)をしていたところ、
阿弥陀如来が須弥壇から降りてきて、
永観律師を先導するように前を歩かれたそうです。

驚いた永観律師が立ち止まると、
阿弥陀如来が振り返って、
「永観、遅し」と告げられたのだとか。

それ以来、阿弥陀如来は、
振り返ったお姿でいらっしゃるそうです。

IMG_4154.jpg

阿弥陀堂を出て、こちらは放生池。
水面に映った木々も輝いています。
錦鯉が気持ちよさそうに泳いでいました。

それから階段を上って上って、
多宝塔から望む京都の町並み。

IMG_4160.jpg

細い階段なので、皆さん、手摺りは高齢者に譲りつつ、
また下りて、

IMG_4165.jpg

イチョウの絨毯。

IMG_4162.jpg

神々しい。

IMG_4152.jpg

モミジの葉っぱは重ならず、
枝が傘のように広がります。
この美しい湾曲、写真で伝わるでしょうか。

このお寺では、関口雄渾という画家の絵にも出会いました。
奉納なさっている絵の中でも特に、
画仙堂の「翳る」という、月の絵が圧巻。
死に包み込まれて許されるような。
この絵を見るためだけにでも、また来たい。

永観堂 禅林寺だけでも一万歩ほど歩き、
その後、哲学の道を散策。
さらにタクシーで祇園四条へ。

IMG_4128.jpg

四条大橋から望む鴨川の眺め。

IMG_4171.jpg

高瀬川に沿う道には、紅葉した桜の落ち葉。

目指すはこちらです。

IMG_4179.jpg

坂本龍馬も通ったと言われる、鳥鍋のお店、鳥彌三さん。
検索フォーム
リンク
QRコード
QR