旧奈良監獄見学4

旧奈良監獄見学の④です。

また外へ出ると、体育館が。
中には入れなかったので、下にある窓だけ撮影。

IMG_4526.jpg

寒いだの暑いだのとは言っても、
この建物が建てられた明治時代当時の日本には、
文化やモラルのレベルを諸外国に見せる必要もあり、
収監者の人権を尊重する施設となっています。

このことは政府、犯罪者、被害者、それぞれの目線で見れば、
また感じ方が違ってくるでしょうね。
個人的には、性犯罪や幼児に対する犯罪を犯した人間を、
税金を費やしてまで更生させる必要はあるのかなと
思いもします。
更生の可能性もどこまであるのか疑問。
どんな目に遭っても、昨日より善き者であろうと、
努力する人間にこそ、手が差し伸べられてほしい。

IMG_4551.jpg

精神疾患舎を隔離する「隔離病舎」。

「精神疾患舎が大声を出したり、暴れたりした場合に、
隔離するのに使用した」建物。

見た瞬間、胃のあたりがゾクッとしました。
近くで見学していた20歳前後の女の子たちも、
「なんか闇がすごい…中で写真撮りたいけど、
どうしよう、近づけない…」

裏側。

IMG_4543.jpg

その横には、奈良奉行所時代の牢舎。
(明治時代には使われておらず、資料として移設されたもの)

IMG_4540.jpg

吹きっさらしの狭い小屋。
キリギリスの虫かごに似ていることから、通称「ギス監」と
呼ばれていたそうです。

IMG_4546.jpg

裏側。

IMG_4547.jpg

写真を撮るのも躊躇する、陰鬱な空気が漂っていました。

でも柱はさすが、太くて頑丈そうな木材。
現代なら値段が張りそうです。

IMG_4549.jpg

うーん、胃のあたりが本当にぞわぞわして気持ち悪い。

「順路」と書かれてあるとおりに歩き続けると……

あ、門のある広場に戻ってきた!

IMG_4554.jpg

懐かしい。

ここで見学は終了です。
所内にはたった2時間半いただけなのに、
外に出た瞬間の、この嬉しい気持ち。凄まじい安堵感。

IMG_4558.jpg

門を出ると、やはり空気をあたたかく感じました。
なんなのでしょう。
ある時代に造られたこの門が、
役割を終えたいまも結界を張っているような。

IMG_4560.jpg

来れて良かったです。

この後はホッとした気持ちになりたくて、
帰路途中の和食屋さんへ。

IMG_4562.jpg

あわびを、あわびの肝でいただきました。

IMG_4564.jpg

フグのひれ酒。
続いてあれこれいただきます。

写真を見返すのは、一日置いてからにします。

旧奈良監獄見学3

旧奈良監獄見学の③です。

この奈良少年刑務所には、私の父もよく仕事で通っていたので、
父の足跡を辿る気持ちもありました。

ここから帰ってきた父はいつも、
「あそこは冷える」「今日もシンシンと寒かった」と。

床は石。

IMG_4474.jpg

寮に入ってすぐにあった、この小さな部屋は
なんでしょうか。
扉を閉じると真っ暗になります。
用足しをする場所もありません。

IMG_4478.jpg

懲罰房? 三段のスノコはベッドに見えますが。

ちなみに懲罰房は、人権の問題から、大正10年くらいには
多くの刑務所で使用されなくなったそうです。

なにに使われていたのか、
幾種類もの部屋が続きます。

IMG_4479.jpg

IMG_4480.jpg

いったん、運動場へ。
久しぶりの外。

IMG_4481.jpg

出てすぐ右側に、紅葉のもみじ。

IMG_4483.jpg

IMG_4486.jpg

IMG_4490.jpg

IMG_4493.jpg

IMG_4495.jpg

ちょっとした排水管等にも、有刺鉄線。

IMG_4496.jpg

渡り廊下を歩いて、病棟へ。

IMG_4505.jpg

IMG_4497.jpg

ここでも燃えるようなもみじ。隣で柿がなっています。

IMG_4498.jpg

IMG_4501.jpg

IMG_4507.jpg

IMG_4508.jpg

IMG_4510.jpg

IMG_4511.jpg

IMG_4512.jpg

IMG_4516.jpg

IMG_4518.jpg

職員用でしょうか。
アサガオと2名以上で入れるトイレは、
この刑務所内で初めて見ました。

IMG_4521.jpg

IMG_4520.jpg

1名用の入院部屋。

IMG_4522.jpg

4名用の入院部屋。
かなり広く、トイレもふたつ並んでいます。

IMG_4524.jpg

この舎内の病棟だけではなく、
刑務所近くの病院に入院する収監者もいたそうです。
六百数十人の収監者に施設が間に合わなかったのか、
病状によって所外で治療する必要があったのか。

旧奈良監獄見学2

旧奈良監獄見学の②です。

IMG_4356.jpg

重厚な扉が続きます。

IMG_4361.jpg

木材はなんでしょうか。
デザインに見惚れます。

IMG_4367.jpg

第一寮の突き当たりにある広場。

IMG_4365.jpg

IMG_4378.jpg

IMG_4379.jpg

窓からは若草山と、東大寺大仏殿が見えます。

IMG_4389.jpg

次は第二寮へ。

IMG_4429.jpg

廊下も同時に監視できるよう、吹き抜け。

IMG_4404.jpg

IMG_4417.jpg

なんだかだんだん寒くなってきました。

IMG_4409.jpg

IMG_4400.jpg

ひとり用の房。

IMG_4422.jpg

スピーカーが各部屋についています。

IMG_4427.jpg

IMG_4428.jpg

堅牢な錠。

IMG_4430.jpg

第二寮の先の広場。

IMG_4436.jpg

窓からの景色。

IMG_4441.jpg

続いて第三寮、第四寮へ。

IMG_4444.jpg

IMG_4446.jpg

突き当たり。

時刻は16時を回り、どんどん底冷えしてきます。

次の寮に入ると、全国の刑務所の作業製品が売られていました。

IMG_4452.jpg

IMG_4454.jpg

我が家では昔、奈良刑務所で作られたまな板などを使っていました。
東京でひとり暮らししてからは、刑務所で作られたソファを
使っていたり。

IMG_4463.jpg

IMG_4455.jpg

IMG_4464.jpg

IMG_4466.jpg

IMG_4467.jpg

IMG_4469.jpg

ひやむぎなど、食べ物もありました。
以前は幾つかの刑務所で、
味噌や醤油なども、作られていたそうです。
現在は製造する壺がすべて寿命を迎え、
代替わりされないままでいるのだとか。

IMG_4470.jpg

旧奈良監獄見学1

11月23〜25日に行われた、旧奈良監獄の見学会に行ってきました。
「明治の五大監獄」のひとつで、
ロマネスク調のレンガ造りの建物。

IMG_4219.jpg

刑務所ではありますが、明治に建設された美しい建物として、
重要文化財にも指定されています。

IMG_4248.jpg

2016年に刑務所としては閉鎖。
2020年に、ホテル等の複合施設になるとのこと。

IMG_4236.jpg

曲線を描くレンガの壁。

設計された山下啓次郎氏は、
ジャズピアニストの山下洋輔氏のお祖父さん。
23日には敷地内で、山下洋輔氏のコンサートも行われました。

IMG_4230.jpg

刑務所の前に建つ刑務所職員さんたちの官舎はこちら。

IMG_4229.jpg

門をくぐると、ちょっと空気が冷んやりしました。

IMG_4243.jpg

広大で見晴らしの良い庭が広がっているのに、
この体感気温の違いが不思議。

IMG_4244.jpg

正式名称は「奈良少年刑務所」。
収監分類はJA、YA、A。

JAやYAというのは、犯罪を分類した符号です。
J=少年院への収容を必要としない少年、
Y=可塑性に期待した矯正処遇を重点的に行なうことが相当と認められる26歳未満の成人。

他の符号では、
M=精神上の疾病または障害を有するため医療を主として行なう刑事施設等に収容する必要があると認められる者。
W=女子。
F=日本人と異なる処遇を必要とする外国人者。
L=執行刑期が10年以上である者。
などがあります。

その後につくA、Bは、
A=犯罪傾向が進んでいない者。
B=犯罪傾向が進んでいる者。

実際は、この奈良少年刑務所には
少年だけなく、高齢者も多く収容されていました。
年齢を問わず、性犯罪者の更生プログラムも行われていたそうです。

IMG_4265.jpg

建物の中に入ります。

書物の倉庫室や所長室などを通り、講堂へ。

IMG_4273.jpg

意外にもヒーターがあり、暖かいです。

IMG_4271.jpg

この暖かさは、講堂のみでしたが。

夏は天井で扇風機が回るようです。

IMG_4321.jpg

IMG_4281.jpg

IMG_4282.jpg

展示物の数々。生々しい。

IMG_4311.jpg

IMG_4312.jpg

IMG_4316.jpg

IMG_4286.jpg

刑務官の制服と剣。

IMG_4309.jpg

IMG_4318.jpg

建物はハビランド・システムという、放射状の構造。
中央の監視所から、5つの収容棟が一望できるように
なっているんですね。

IMG_4293.jpg

窓からの景色。

IMG_4305.jpg

「日本煉瓦建物番付」。
この奈良少年刑務所は関取でした。

IMG_4322.jpg

談話室は、三つの宗教ごとに、小さな空間がもうけられ、

IMG_4324.jpg

IMG_4323.jpg

仏教、キリスト教のほか、天理教があるのがさすが奈良。
色合いの乏しい刑務所で、
このカーテンだけが鮮やかで襞が美しい。

IMG_4334.jpg

中心の監視所から見る、第一寮から第五寮。

IMG_4338.jpg

写真の下の、白い蜘蛛の糸のような鉄格子ごしに、
階下が見えます。

まずは第一寮へ。

IMG_4356.jpg

IMG_4351.jpg

三人用の房の扉と内部。

IMG_4347.jpg

IMG_4360.jpg

IMG_4349.jpg

IMG_4353.jpg

IMG_4355.jpg
検索フォーム
リンク
QRコード
QR