『指づかい』重版決定

デビュー作『指づかい』(幻冬社アウトロー)の重版が決定しました。

yubizukai.jpg

なんと6刷目です。
こんなに長く読まれ続けるのは、本当にありがたいこと。

まだお手に取っていない皆さん、よかったら読んでください。


先日は、奈良の而今さんへ。

而今(にこん)と読みます。
変わったお名前ですが、ご主人曰く、禅語で、
曹洞宗 道元禅師の唱えた言葉だとか。

「いはくの今時(こんじ)は人人(にんにん)の而今(にこん)なり。
我(われ)をして過去未来現在を意識せしめるのは、
いく千万なりとも今時(こんじ)なり、而今(にこん)なり。」

「今と言う瞬間に成すべき事をなす。」という意味なんですね。

IMG_4796.jpg

毎月、ご主人おすすめのコース料理を出されるのですが、
毎日、ご主人自ら市場で選んだ新鮮な魚や
自家製のからすみ、ひと工夫を施されながらも
だけど素材の味を活かしたお料理が絶品です。
牛肉はレンゲで割れるやわらかさ。

料理の写真を撮りたかったのですが、同席者の手前、控えていたら、
その方々も実は、私に遠慮して取らなかったとのこと。
気遣い人間にありがちなことです。
次が楽しみ。

IMG_4800.jpg

その後に行ったバーでは、卵型の器に入ったカクテルを。
森の妖精が笑っているような顔。

IMG_4801.jpg

半分ほど飲んだ後です。
小西通りという通りを入った奥にある、異空間のようなお店。
奈良旅行される方がいたら、ぜひ見つけていただきたいなぁ。

おばあさんのレモン

スーパーにて、初対面のおばあさんから話しかけられました。

お年は82歳。
おひとり暮らしで、たまに映画やお芝居を観たついでに、
お買い物にいらっしゃるのだとか。

車の免許を取ったのは55歳。一発100点満点だったそうで、
とてもシャキシャキした方。

でも言うことはたびたびおかしくて、
「あなた、知ってた? ちくわって魚なんですって。
豚肉とちくわとお鍋に入れたら、肉と魚、両方取れていいわねぇ」
キャリアはすごいのに、ふつうのことが抜けている人っています。

話が弾み、おばあさんの車まで荷物運びをお手伝いしたところ、
車内にいたのは、おばあさん手作りのオルゴール人形。
可愛い。

IMG_4748.jpg

「あなた、ちょっとうちに寄りなさい。庭のレモンをあげるわ」
お言葉に甘えて、助手席に乗せていただいたところ、
話しながら難しい合流をスイスイこなされるし、
一方で、基本は相手に譲る安全運転。

のどかなお庭でいただいた、レモンとキンカン、カラスウリ、蝋梅。

IMG_4755.jpg

帰りは自宅まで送っていただきながら、
お互いに最近観た映画やお芝居の話で盛り上がり、
近々、一緒に映画に行くことに。

蝋梅は帰宅してから活けてみました。

IMG_4773.jpg

部屋中が甘く爽やかな匂い。
また素敵な方とお友達になれて嬉しい。

橿原神宮へ

所用ついでに、橿原神宮へ。

昔は奈良好きの友人よく飛鳥旅行をしたのですが、
ひとりで来るのは初めて。
8年ぶりくらいかなぁ。

IMG_4696.jpg

あれ、鳥居がない。

IMG_4739.jpg

なんでも現在、老朽化のために改修中だとか。
来年に迎える御鎮座130年の奉祝記念に合わせて、
今年中に新調されるそうです。

でも、この竹としめ縄の代替え鳥居も風情があります。

IMG_4702.jpg

IMG_4708.jpg

凛と冷えた空気。
曇り空に顔をあげ、目を瞑って深呼吸すると、
頭の先から無色透明になっていく感じ。

IMG_4720.jpg

IMG_4721.jpg

「カシ」の漢字には、「橿」と「樫」がありますね。
「橿」は古くに中国から渡ってきた漢字で、
「樫」はその後、日本でつくられた漢字です。

関東出身の知り合いに「橿」の字を苗字に使う人がいるのですが、
その家では謂れがわからないまま、
代々、親が子供を人生に一度は、
橿原神宮に連れていくことになっているのだとか。

同様に謂れがわからないまま、
勾玉の形を尊いものとして教えられているそうです。

どこかで途切れるものと、受け継がれるもののおもしろさ。

IMG_4722.jpg

境内にある深田池では、鴨がギャーギャー。

お参りするときも近くにいた男子高生が、
6人くらいで勢いよくパンをあげていました。
受験の必勝祈願でしょうか、部活帰りの散歩でしょうか。

自分が中学、高校生の頃、よく吹奏楽部の友達と、
春日大社の森で練習演奏していたことを思い出しました。
なにげなくて、かけがえのない時間だった気がします。

IMG_4726.jpg

大人になった身としては、久しぶりにたくさん歩いたので、
一杯くらい昼飲みしたかったのですが、
ひとりで軽く飲めそうなお店が見当たらず、
おとなしく電車に乗って帰宅。

するとその日、朝からいきなり「ムンク展に行ってくるわー」と、
東京へ行っていた母が、夜、楽しそうに渡してきたのが、
おみやげの「叫び」くん。
本名はわかりませんが、とにかく「叫び」くん。

IMG_4742.jpg

首が上を向いて、身体が仰け反っています。

IMG_4745.jpg

平面の絵をこんなくねった立体にした方の、センスがすごい。
前屈みでも直立でもない、息を吸い込むような叫び。

同じくおみやげの、ムンクが生まれ育ったノルウェーの
サバのトマト煮とワインをいただきながら、夜が更けます。

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

今年も我が家はおせち料理を食べた後、菩提寺の元旦会へ。
お茶目なお坊さんと、働き者であたたかい檀家さんたちと
賑やかなひととき。

「お釈迦さまはお経にたくさんの漢字を使っていらっしゃるけど、
『幸』という字だけはない。
5年後、10年後にどうなっているかわからない人生で
幸せを求めるよりも、心を安寧させることが大切」

心に残るお坊さんのお言葉でした。

IMG_4671.jpg

午後は春日大社へ。

背後に山のあることで、霊的な空気を
ますます感じさせる神社です。

中上健次曰く、熊野が霊山とされたのは、
奈良と京都の背後に聳えていたから。
都の人々が、自分たちが来て、戻る場所と捉えたのだそうです。

IMG_4670.jpg

灯籠の合間をうねる枝と蔓。

IMG_4673.jpg

参道で空を見上げると、木々の枝葉がレースのようです。

お参りをして、夕方は護国神社へ。

IMG_4681.jpg

倒木を燃やす巨大な焚き火。

樹洞で回転する炎が見事。
心を持っていかれそうで、いつまでも見惚れてしまいますが、
顔が熱いです。

IMG_4684.jpg

たこ焼きを食べながら、付近の井戸水と、
井戸水からつくられたお神酒をいただいて、
安寧な一年を祈ります。

皆さんにとって、笑顔の多い一年でありますように。
検索フォーム
リンク
QRコード
QR