今夏、『蝮の舌』フランス版

mamushiF.jpg

団鬼六賞を受賞した『蝮の舌』が、今年、フランスで刊行されます。

タイトルは『Langue de vipere』。
「ラング・ド・ヴィペーレ」という発音でしょうか。
ちなみにお菓子のラング・ド・シャは「猫の舌」という意味だそう。

箏を奏でる女性の後ろで、絡み合うハブとマングース。
シュール。可愛い。ハブ悲惨。

出版元はAtelier Akatombo社。
夏が近づいたら、改めて詳細をお知らせします。

すでに出版されている文庫版とKindle版も、
ぜひ読んでください。

イースト・プレス悦文庫版
mamushinoshita.jpg

Aubebooks Kindle版
513kv7P9c-L.jpg

さて、もうすぐまた上京予定なのですが、
桜の季節の東京は、ホテルを探すのがすごく大変……
と思っていたら、最近は東京オリンピックに向けて、
外国人観光客を見込んでの宿泊施設が
たくさんつくられているみたい。

こういった建物、オリンピック後も活用できればいいですね。
第二次ベビーブーム世代の私の学生時代は、
塾や予備校が次々とつくられていましたが、
私たちの世代が去った後は、ホテルにする前提で
建てられたものも多く、
模擬試験で行った会場はどこも、大理石風の柱が聳え立ち、
シャンデリアが煌めいていたものでした。

IMG_4855.jpg

久しぶりの日本酒家呑み。
お取り寄せした熊本の美少年。
ラベルの格好良さに絶句。
検索フォーム
リンク
QRコード
QR