8月29新宿テアトル「まん・なか」舞台挨拶

今年も新宿テアトルで行われるピンク映画の祭典、OPフェス。
詳細が明らかになってまいりました。
http://www.okura-movie.co.jp/op_pictures_plus/#contents

私の作品「まん・なか』の上映予定日は8月29日と9月4日。
登壇は8 月29日の上映後の18;50予定。
9月4日の午後9時〜も都合がつけば出席します。
当日、会場の受付でで本をご購入された方、
または持参してくだった方には、サインさせていただきます。

「東京グラフィティ」もありがかたい出され方でしが、
毎日引き篭もってばかりの私が、
たまに仕方なくメディアにもちらっと出る中、
この現場仲間と一緒に出られるステージだけは、
本音のコメントを役割関係なく好きに喋らせてもらえる場所。
お客さんに楽しんでもらいたいです。

さて、コクハクではコラムが更新されました。
立ち飲み屋での出会の第二弾。
「お金の支払い方でも…立ち飲み屋でこそわかる“男性の人品”」
https://kokuhaku.love/articles/2677
私と同じコミュニケーションが苦手で、たいしたスペックのない男女でも、
趣味が酒というだけで同じ魂の人たちと根っこで交流できる場所です。
おすすめ。

あと、古い楽譜を探していたら、押入れの中からこんなものたちが。

IMG_5762.jpg

'80年代の月刊aLaの付録だ。
カセットテープのパッケーシというのも時代を感じさせます。
成田美名子さんのこれは「サイファ」ですね。
そしてなかじゆきさん、大島弓子さん。

まだ続々と出てきそう。当時はLaLaと別コミを
同時に買っていたので。
清水玲子ん、かわみなみさん、吉田秋生さん、渡辺多恵子さん、
イメージアルバムたちまで引っ張りだそうとしています。
少女漫画ですがブロマンスのストイックが常に炙っている雑誌でした。
言うても明日からけっこうな修羅場なものの、
いったん火が灯った情熱は仕方がない。
検索フォーム
リンク
QRコード
QR