4日もテアトル新宿に登壇

29日の『まん・なか』上映、
大勢の方にご来場いただき、
作品の評判も良くて嬉しい。

次のテアトル新宿での上映は
9月4日、21:00〜

私はこの日も舞台挨拶に参加します。
お時間のある方はぜひいらしてください!

29日18:50〜『まん・なか』上映&舞台挨拶

8月29日(木)、テアトル新宿にて、
『まん・なか』上映&舞台挨拶を行います。
18:50〜

9月4日(水)にも、上映&舞台挨拶。
こちらは21:00〜

映画と小説、どちらのタイトルも聞いたある方が、
「なるほど、『蜜味の指』で『まん・なか』をまさぐるわけですね」。
そうだったのか。自分で納得。

お時間がございましたら、どうぞお越しくださいませ。

また、29日くらいに、コクハクのコラムも更新予定。

https://kokuhaku.love/authors/articles_list/39

こちらもどうぞよろしくです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

EByqBcTU4AAeDiM.jpg

●『まん・なか-You're My Rock-』
(脚本:うかみ綾乃・高原秀和 監督:高原秀和)
テアトル新宿にて上映
8月29日(木)18:50〜(上映後に舞台挨拶。うかみ登壇)
9月4日(水)21:00〜(上映後に舞台挨拶)

IMG_5895.jpg

OPピクチャーズ+フェス公式サイト↓
http://www.okura-movie.co.jp/op_pictures_plus/

高原秀和監督ツイッター↓
https://twitter.com/takaharahdkz

IMG_5901.jpg

●新刊『蜜味の指』(幻冬舎アントロー文庫)
→アマゾンでのご購入はこちらをクリック

「知識は裏切らない」

奈良のビッグマウンテンカフェ&ファームでランチ。

IMG_5782.jpg

奈良女子大の近くにある、
地野菜を使ったハワイアン&和風料理のお店。

近隣には大正時代に建てられたような
和洋折衷のお宅も立ち並び、
暑さと蝉の声に、時空の歪みに立った気分になります。

IMG_5797.jpg

オーガニック食品の数々。
陽光とセッションした陳列が美しく、
見ているだけで健康になるような。

IMG_5791.jpg

IMG_5788.jpg

いつもは買い物をするとしても、ネット購入が多いのですが、
たまにこうして、お店で見たときめきを持って帰るのも良いものです。

IMG_5793.jpg

IMG_5773.jpg

ハトムギ茶とキヌア茶。
心が汚れている私は三度見しました。

IMG_5778.jpg

IMG_5781.jpg

果物を浮かべたお水。
こんなに涼やかで美味しいものを
考えてつくる人って凄い。

IMG_5786.jpg

今回は奈良のカロリロジャパンとのコラボで、
和風プレート。

冬瓜素麺や焼き厚揚げのニンニク味噌がけ、
柑橘もずくジュレやアマランサスポテトと南瓜のサラダなど。
メインはサーモンとアボガドの春巻き野菜あんかけ。

IMG_5798.jpg

丸プレートバージョン。
玄米ご飯とお味噌汁が、永遠にいただけるお味でした。
お味噌は羽前椛屋さん(山形)の寒仕込。

カロリロジャパンの副社長の廣瀬千秋さんは、
病を克服されて健康を伝える道に進んだ方。
「(感情よりも流行よりも、)知識は裏切らない」
とおっしゃいます。

レジではお店の方のお庭で採れたキュウリやシシトウなどが、
袋いっぱいの50円で販売されています。

我が家もよくご近所さんから自家製の野菜をいただきます。
規格無視でつくられた野菜は、ときに逞しすぎてきれい。

-----------------------------------------------------------

IMG_5901.jpg

●新刊『蜜味の指』(幻冬舎アントロー文庫)
→アマゾンでのご購入はこちらをクリック

EByqBcTU4AAeDiM.jpg

●『まん・なか-You're My Rock-』
(脚本:うかみ綾乃・高原秀和 監督:高原秀和)
テアトル新宿にて上映
8月29日(木)18:50〜(上映後に舞台挨拶。うかみ登壇)
9月4日(水)21:00〜(上映後に舞台挨拶)

IMG_5895.jpg

OPピクチャーズ+フェス公式サイト↓
http://www.okura-movie.co.jp/op_pictures_plus/

高原秀和監督ツイッター↓
https://twitter.com/takaharahdkz

週刊ポスト8月30日号

post20190830.jpg

発売中の週刊ポスト8月30日号に、
吉高寧々さんを主人公にした短編を寄稿しています。

とても透明感のある大人気のAV女優さん。
関西弁のやり取りが書いていて楽しかったです。

-----------------------------------------------------------

mitsuaji.jpg

●新刊『蜜味の指』(幻冬舎アントロー文庫)
→アマゾンでのご購入はこちらをクリック

P1070425.jpg

●『まん・なか-You're My Rock-』
(脚本:うかみ綾乃・高原秀和 監督:高原秀和)
テアトル新宿にて上映
8月29日(木)18:50〜(上映後に舞台挨拶。うかみ登壇)
9月4日(水)21:00〜(上映後に舞台挨拶)

IMG_5895.jpg

OPピクチャーズ+フェス公式サイト↓
http://www.okura-movie.co.jp/op_pictures_plus/

高原秀和監督ツイッター↓
https://twitter.com/takaharahdkz

なら燈花会

IMG_5842.jpg

夏の十日間、奈良を蝋燭の灯りで照らす「なら燈花会」に
行ってきました。
写真は浮御堂。

点灯は19時。その前にたっぷり歩くために栄養補給。
地元野菜&素麺のふしのサラダに、鶏さしみ。

IMG_5827.jpg

野菜&ポークの餃子に、最後に特別に
まかないの鶏茶漬けの冷やしバージョンをいただきました。
お酒は奈良の生駒の「くらがり越え」。辛口純米。

IMG_5828.jpg

19時前に猿沢池のほとりに立ちます。
点灯はサポーターの方々が、ひとつひとつの蝋燭に
火を灯します。

IMG_5829.jpg

この日は旧暦の7月12日。
東の空に12日目のお月様が輝いています。

IMG_5831.jpg

西の空も色とりどりに美しい。

古来から霊は山に棲まうと言われます。
中上健次によると、和歌山と三重に面する熊野が霊山とされたのは、
その神秘的な雰囲気のみならず、
奈良と京都というみやこの背後にある山だからだとか。

IMG_5838.jpg

池面に映る月。

10数年前、この池のほとりの旅館に、
制服向上委員会とPANTAさんとのライブツアーで
泊まったことを思い出します。
私は奈良の案内役も務め、
あのときは零下も記録する寒さでしたが、
出演者はもちろん、ファンの方々も、
熱気たっぷりで盛り上げてくださったのがあたたかな思い出。

今日はじっとりと暑いものの、
森と池を吹く風が、ときおり涼しい風を寄こしてくれます。

IMG_5848.jpg

浮御堂。

池に浮かんでいるオレンジ色の提灯の灯りは、
カップルが乗っているボートの灯り。
乗り場にカップルたちがめっちゃ並んでいました。

ちなみに私は小さい頃から、
ここの昼間のボートに乗りまくっているので、
漕ぐのはそこらの男子より上手いです。

大人になってから、一回だけデートで乗ったことがありますが、
相手のぎこちなさに黙っておられず、
オールを奪うようにして漕いだら、
その後しばらくして、なんか別れることになりました。

ここでボートに乗ったカップルは別れるという、
ボートあるある伝説の池です。

IMG_5849.jpg

浅茅ヶ原。

IMG_5853.jpg

歩いているうちに月が月齢を増し、
どんどん丸くなっていくのを感じます。

IMG_5855.jpg

竹と提灯のアーチ。

IMG_5859.jpg

IMG_5861.jpg

点灯場所のひとつであり、屋台も豊富な甍-iraka-。

IMG_5866.jpg

ここを歩きながら、後ろの高校生くらいの男の子と女の子の
会話が聞こえてきました。

女の子(浴衣姿)「きれいなぁ、うっとりやわぁ」
男の子「来年はおまえ、彼氏と来れたらええな」
女の子「えー、そうやなぁ。はは」

あんたら、これから始まるのか、
ひょっとして、いろいろあっての最後のデートなのか。
来年でも数十年後でも、またここをふたりで歩いてはるのを、
妄想してしまうエモいわ思いきり生きて。

IMG_5868.jpg

ケルト音楽の生演奏。

IMG_5874.jpg

歩きながら1、2曲だけ聴くつもりが、自然と草地に腰をおろして
最後まで聴き入りました。
森の香りを孕む風をそよがせる音楽も、
楽しそうに演奏する三人も魅力的。

IMG_5876.jpg

白鳳時代から現在に至る奈良のデザインって、
どこかマヌケでユーモラスで愛らしくてポップ。

IMG_5880.jpg

浮雲園地。
奥に青白く佇んでいるのは大仏殿。

IMG_5887.jpg

最後の最後まで美しい。
歩数計によると久しぶりに一万歩、歩きました。

「なら燈花会」は14日まで。
毎年、行われているので、
機会があればどうぞお越しくださいね。

-----------------------------------------------------------

mitsuaji.jpg

●新刊『蜜味の指』(幻冬舎アントロー文庫)
→アマゾンでのご購入はこちらをクリック


P1070071.jpg

●『まん・なか-You're My Rock-』
(脚本:うかみ綾乃・高原秀和 監督:高原秀和)
テアトル新宿にて上映
8月29日(木)18:50〜(上映後に舞台挨拶。うかみ登壇)
9月4日(水)21:00〜(上映後に舞台挨拶)

IMG_5895.jpg

OPピクチャーズ+フェス公式サイト↓
http://www.okura-movie.co.jp/op_pictures_plus/

高原秀和監督ツイッター↓
https://twitter.com/takaharahdkz


20190723-tokyograffiti_full.jpg
●インタビュー記事掲載中「東京グラフィティ8月号」

●8月19日発売の「週刊ポスト」に短編を掲載予定。

●スポニチと「コクハク」に連載中。

びわ湖花火大会

8日はびわ湖花火大会へ。

観覧場所はびわ湖に面したボートレースびわこ。
初めて入る競艇場に高まります。

広々とした空間に吹くびわ湖からの風。
ヤニで染まったむき出しの配管が交差する天井。
外と繋がった建物内は、さすがふだんは男性客がひしめくだけあって
冷房でキンキンに冷え、売店では生ビールに日本酒などの各お酒と、
フランクフルトや焼きそば、たこ焼きなどの良い匂いが。

IMG_5800.jpg

山を背にびわ湖を望むマンション群。

IMG_5799.jpg

レースの模様をアップで映す大画面。
花火前は、滋賀に縁のある明智光秀や織田信長、
甲賀忍者の歴史を伝えていました。

IMG_5801.jpg

競艇場ならではの大時計。
威厳のある佇まいです。

ここででびわ湖の風に吹かれながら、明るいうちからビールで
鶏の唐揚げを齧るの、癖になりそう。

花火がはじまります。
周囲のマンション群から明かりが消えたのは、
花火への協力を求められているからでしょうか。
廊下等の照明も含め、一斉に明かりの消えた、
その連携した動きがまたエモくて高揚します。

IMG_5822.jpg

何枚かスマホで撮影しましたが、
最大に花火が咲く瞬間を捉えるのは私には無理と悟り、
すぐに見ることに集中しました。

IMG_5821.jpg

これも咲ききる直前。
でも開く直前の美もあります。
赤ちゃんから老人、そして跡形もなく消え去る姿を
数秒間で具現化する、その連続。

IMG_5813.jpg

天に真っ直ぐ打ち上げられる大花火と、
斜めに夜空を切って連続して咲く花火たちの
コラボレーションが圧巻。
花火師さんたちとスタッフさんたちに大拍手。

ちなみに都市部、たとえば隅田川の花火大会では
花火の大きさは5寸玉(直径170メートル)までと
制限されているそうです。
湖上で行われるびわ湖花火大会も、
今大会での最大は一尺玉。直径320メートル。

東京に住んでいる頃はよく多摩川の花火大会に行きましたが、
そこも最大で一尺玉だったようです。
その上に二尺、三尺とあり、
三尺玉は直径が550メートル。

私は今回の構成と演出にひたすら感激しましたが、
周囲のは、ひと夏に全国の十以上の大会を観て回る
花火ファンの方々がいらっしゃり、彼ら曰く、
大きいのは大きいというだけで圧倒されるとのこと。
それもわかる気がします。
私も子供の頃、熊本かどこかで、
そんな大きな花火を見たことがあるかも。

地元の有志や法人が数分間を借り切って打ち上げる
場合も多いですが、かかる費用は一尺以上の花火ひとつで
10万円以上。
不景気のいまは、休止される花火大会も多いとのこと。

見ず知らずの花火ファンのおじさんおばさんと
ビール片手にお金が云々とだらだら話すのも楽しかったです。

29日『まん・なか』上映は18:50から

前回のブログで、29日(木)に上映される
映画『まん・なか –You’re My Rock–』の開始時間を
18:15〜とお伝えしましたが、
正しくは18:50〜です。

●新宿テアトルOPピクチャーズ+フェス2019
『まん・なか –You’re My Rock–』
・8月29日(木) 18:50〜 上映後に舞台挨拶(うかみ綾乃登壇)
・9月4日(水) 21:00〜 上映後に舞台挨拶

訂正でした。
関係者の方々は正しく伝えてくださったのに、
私がやらかしました。
よろしくお願いします。

会場で『蜜味の指』を買ってくださった方、
または持参してくださった方には、
舞台挨拶終了後にサインいたします。
お気軽に声をかけてくださいね。

昨日は『蜜味の指』を朝日新聞で紹介していただきました。
ありがたいことです。

新刊『蜜味の指』

新刊『蜜味の指』(幻冬舎アウトロー文庫)が
今日、発売されます。

mitsuaji.jpg

アマゾンでのご購入はこちらをクリック

映画のために書いた脚本を小説化するという、初めての試み。

映画『まん・なか-You're My Rock-』は
8月末から上映スタート。

●『まん・なか –You’re My Rock–』
出演:榎本美咲、栗林里莉、涼南佳奈、吉田憲明、G.D.FLICKERS
吉田茂(亜無亜危異)、景山潤一郎、他
テーマソング:G.D.FLICKERS「東京無限」
脚本:うかみ綾乃、髙原秀和
監督:髙原秀和

●上映日程(新宿テアトルOPフェス)
・8月29日(木) 18:50〜 上映後に舞台挨拶(うかみ綾乃登壇)
・9月4日(水) 21:00〜 上映後に舞台挨拶(うかみ登壇は未定)

秋から、名古屋、大阪等でも上映予定。

高原秀和監督のツイッター↓
https://twitter.com/takaharahdkz

小説版は映画と違い、
実名で登場されている稲田錠さんとG.D.FLICKERSを
売れないミュージシャンに設定したりと、
何点か変えているものもあります。

どちらも楽しんでいただければ光栄。

お知らせ

深志美由紀ちゃんのツイッターがなぜか凍結。
避難アカウントはこちらですー。

https://twitter.com/miyumiyuki0803

私はSNSをやっていないので、
心配する親戚のおばちゃん目線で見守っています。
検索フォーム
リンク
QRコード
QR