試写会と、晴れた日々と。

先日は、原作映画の試写会。

IMG_6584.jpg

出演女優さん3人と、高原秀和監督を囲んで。

EQsJG27VUAAapcd.jpg

素晴らしい映画になりましたよ!

原作はこれからAube booksでアップし、
https://www.aubebooks.com/
映画の情報公開は2月末になります。

皆さんに観ていただくのが楽しみ。

試写会の後は、大人数での賑やかな打ち上げ。
その後は高原監督と一緒に、
稲田錠さん(G.D.FLICKERS )のロックバー「CHERRY-BOMB」へ。

お店は高円寺駅の近く。
高円寺は、私もライブやリハでよく通った、思い出の深い場所です。

'90年代当時は、ライブハウスもリハスタジオも、
スタッフさんが赤い髪のタトゥー&ピアスのお兄さんだったり、
トイレは落書きとタバコの吸い殻だらけだったりで。

デビュー当初は、「こんな荒んだ場所が私の職場になるの?」と、
引いた部分もあったのですが、
演っているうちに、大好きな場所になって。

今のなにもかもが綺麗になりつつある時代は、逆に、
デコボコのアルミ灰皿のあるライブハウスが恋しいなぁ。

「CHERRY-BOMB」は、昔ながらのロックファンはもちろん、
女性がひとりでふらりと入っても、居心地よく飲めるお店。
ここでボブ・ディラン&ザ・バンドのアルバムを聞けて幸せでした。

あと、ラム酒が好きで飲みすぎるので、
年に一度くらいしか飲まないことにしているのですが、
この夜は特別に1杯だけ飲みたくなりました。
3杯飲みました。美味しかった。


翌日は昼間から女子会。

IMG_6592.jpg

一応、バレンタインデーだったのですが、
昼過ぎには全テーブルが、ほぼ女性グループで埋まって華やか。

IMG_6596.jpg

昼間のギネス。

IMG_6598.jpg

サンドイッチ&ポテト。
チーズスティックやクッキーも。

職業も年齢も違う、その世界で活躍している方々とのお話は
尽きることなく面白く、
仕事関連の話もしなきゃならないのが後回しになったまま、

IMG_6599.jpg

夕方からは、釣り掘のある居酒屋さんへ。

自分で釣った魚介類を、
その場で捌いて出してくださるお店。

IMG_6600.jpg

私、室戸の漁師の孫だから頑張りました。

IMG_6601.jpg

すると、

IMG_6602.jpg

けっこう難しいヒラメを釣りましたよ!

IMG_6607.jpg

アワビと車海老も。

IMG_6608.jpg

お造りも美しい。

IMG_6610.jpg

飲んだのは高知の純米酒「酔鯨」。

IMG_6611.jpg

ご一緒した漫画家さんが釣ったアジ。

IMG_6614.jpg

釣ったものはお刺身、揚げ物、天ぷらなど、
いろいろな料理法を注文でき、
アワビはバター焼きでいただきました。

IMG_6615.jpg

IMG_6616.jpg

ヒラメとアジの骨は、最後に油揚げでカリカリと。

日本各地&海外からのお客さんも、
釣りとお料理で盛りあがっていらっしゃいました。

続いての三軒目も日本料理屋さん。

IMG_6618.jpg

フグ皮。

IMG_6619.jpg

カウンター席は、職人さんたちの
手際よく綺麗に盛りつける技も見せていただけますね。

こちらはおじさん客ばかりで、
これもまた楽しい雰囲気でした。

IMG_6620.jpg

塩造り。
本当はホタテもありまして、撮る前に誰かが食べました。

IMG_6621.jpg

白子とあん肝。

IMG_6622.jpg

IMG_6623.jpg

ウニ巻きと、大分の焼酎「閻魔」。

IMG_6626.jpg

いろいろ食べて、続いて四軒目。

IMG_6630.jpg

タコの唐揚げと、珍しいボラの刺身。

ボラって、今までは黒鯛釣りの邪魔をする魚という印象で、
釣ったらすぐにリバースしていたのですが、
(上のほうで群れで泳いでいるから、下にいる黒鯛に
釣り針が届く前に、咥えられてしまうのです)
いただいてみると、まあ、身の詰まった逞しいお味。

IMG_6631.jpg

大切に味わいました。

カレイの一夜干しも美味。

IMG_6632.jpg

美味しさと楽しさと、未知の文化に触れるというのは、
心も胃袋も際限なくふくらみます。
素敵な一日に感謝。


そして翌日は、大先輩とお会いしました。

私はこの三日前に誕生日を迎え、
自分ではけっこうな年齢になったつもりでいたものの、
20歳年上のその方は、いまもさらにお美しく、
明るく凜となさっていて。

年齢や世間などを超越しているその方とご一緒していると、
自分も20年後、そのさらに先が楽しみになり、
改めて一歩を踏み出す気持ちになります。

考えてみれば、高円寺でライブをしていたのが20年前まで。
人生は意外と長いし、
上手くいかないときも、もちろんあるけれど、
意地でも一行を書いたら、なんとか二行目に続き、
いつの間にか勢いに乗って次のページへと続く。

私からその方にお声をかけるなんて、
ちょっと勇気の要ることでしたが、
誰かの勇気を、自分が損してでも流す方ではなくて。

今もご一作ご一作、人の温かさやどうしようもなさや
懸命な駆け引きが、
新しい形で描かれていて、同時にどんどん腑に落ちる。

なんだか、人生でこんなにも好きな方が、
同時代にいらっしゃるなんて、凄いことです。

IMG_6638.jpg

アフタヌーンティも素晴らしかった。
日本が洋を取り入れた時代から続く、老舗会社のお店。

お洒落でありつつ、
この国に長く根付いている優しい素朴さがあります。

IMG_6639.jpg

バターの効いたタマゴサンドが特に美味しくて、
心が輝くと、舌も輝き、
二人前を、ほぼ私ひとりでいただき、

IMG_6640.jpg

最後はさすがにお腹がふくれたので、
ケーキ一個だけ、また勇気を出して、
「これ、ビニール袋に入れて持ち帰っても良いですか?」
と(上品なその方に恥をかかせてはいけないと思い)伺うと、
「もちろんよ。せっかくのものを残してはもったいないでしょ。
私もビニール袋を持っているの」

これが美しいということ。
翌日、奈良でありがたくいただきました。

するとスポニチの大泉りかちゃん、深志美由紀ちゃんとの
連載原稿が一本足りないことが判明し、急いで書くべき状況に。
なぜか3人揃って、
同じようにスケジュールを勘違いしていたという。

楽しいから良いですけどね。
遅れたら編集者さんは楽しくないですね。
慌ててちゃんと書きました。

さあ、映画があまりにも素晴らしいので、
原作の磨きに気合いを入れないと。
検索フォーム
リンク
QRコード
QR