やりきれないけど

木村花さんの死はやりきれない。
一生懸命に輝こうと、良きものであろうとしていた人が、
傷ついた末に去っていった。

こういうことがあってからだけど、
今後は誹謗中傷やいじめの被害者が相談しやすい窓口が、
弁護士などによってつくられていくのかもしれない。。

また、これは出版社などもそうだけど、
フロントの人間に、SNSやメディア出演での宣伝を
期待したり依頼したりする以上、
そこでなにかあれば対処できるシステムを、
当人が相談しやすい形で備えてくれればと思う。

ここで頑張ろう、と努力する者を、
自分たちの利益と一致するからといって人前に差し出したまま、
孤独にリスクを背負わせてはいけない。

悲しいことだけど、誹謗中傷やいじめをなくすことは、
いまはまだ難しくて、
だけど、これまで沈黙するしかなかった被害者が、
我慢しなくていいんだ、と思える社会には、
少しずつなっているとは思う。

人に助けを求めてもいい。怒ってもいい。
逃げてもいい。あなたは悪くない。

誰かがなにも失わずに、声をあげられる世界を、
築いていかなければならない。

「コクハク」コラムを更新しました。

「コクハク」コラムを更新しました。

https://kokuhaku.love/articles/6320
冷めているようで熱い、デミセクシュアリティの性愛
自分への性的興味に恐怖…デミセクシュアルの抱えやすい問題


c194dbbb7240738df6f9a0d373d80f0a20200428125914923.jpg

前回は多様なセクシュアルのひとつである
デミセクシュアルの特徴を記しました。
2/2の今回は、デミセクシュアルの抱えやすい問題を
取りあげています。

キネマ旬報『悶撫乱の女』

発売中の「キネマ旬報6月号」。
「ピンク映画時評」で『悶撫乱の女~ふしだらに濡れて』を
紹介していただきました。

416ykNBxbAL.jpg

監督:高原秀和
脚本:宍戸英紀、高原秀和
原作:うかみ綾乃
出演:奥田咲・那波隆史
    涼南佳奈・加藤絵莉・細川佳央・小滝正大
    稲田錠・柳沼宏孝・山岡竜生、他

夏〜秋にR15版を公開予定。

新型コロナ禍の自粛によって年内の上映が難しくても、
観ていただく機会はあると思います。

ET0_Y_CVAAAlSxZ.jpg

ETrrEHmUMAYRinx.jpg

ET2JCmNU0AAXSMM.jpg

ET8Z4F-VAAAzNol.jpg

高原監督は、最近では先月に、
「ピンク映画ベストテン2019」の桃熊賞一位を受賞。

こういうことがあるたびに、監督はじめ、
短くはない付き合いのスタッフさんや役者さんたちに、
実はすごい経歴や受賞歴があったりするのを、
自然に知ることになります。
でも、そんなことは互いに知らないまま、
出会って仕事を続けます。

私は東京から奈良に帰って以来、東京方面からは、
なにかネガティブな理由で田舎に引っ込んだのか、と、
その人の願望を見せつけられることがあり、
地元では、なにかで私の経歴を知った人から、
良くも悪くも特別視されることがあり、
こういうのは、無視できればいいけど、人間社会はそうもいかず、
でも心底、面倒臭いという私の本音も覆えない。

ある人間にとっては高い切り札も、
ある人間にとっては安い自己主張のネタも、
どうでもいい人間はやりたいことをやりたいだけで、
それが破滅願望と呼ばれることもあり、
でもそんな大層なものでもなく、ささやかに好きに生きたいだけ。

「本人の前では言えないことは、陰で言ってはいけない」
という言葉があるけれど、
とりあえず私に対してそんな言葉を持っている人は、
陰でなにを言ってもいいから、関わらないでほしい。
「私の前でしか言えないこと」も、言わないでほしい。

40すぎてニコニコとする無難な振る舞い方も覚えたけど、
やはり人間には向き不向きがあるんだと、
再確認する年代でもあります。

とにかく『悶撫乱の女』はめっちゃいい映画で、
どんな形でも誰かにお届けしたい。

IMG_6995.jpg

で、今日はこれから海外通販で
ルポールのシャツを購入するところ。
英語がわからなくても、スマホをICカードやクレカに翳すだけで
決算できるようになっているアメリカのネット企業って
凄いなぁと思います。

IMG_6993.jpg

IMG_6992.jpg

日本も凄くて、昨日は母のために、花にスマホを翳せば
名前を教えてくれるアプリを取り入れたのですが、
母はそれを使いこなす前に、
「鳥や山に翳せば名前を教えてくれるアプリもあるのよね」
と前向きに頼ってきて、そうなのか、私の仕事は増えるばかり。

金槌の音

近所の新築工事、大きな音がしばらく鳴り続けるんだろうと
覚悟していたのですが、
とても丁寧に建てられているようで、
トンテンカンテンと金槌の音がリズミカルに響いています。

大工さんのお子さんらしい子供たちも毎日来て、
敷地内で遊び回る声も聞こえ、
なんだか江戸時代にいるような気がします。

昨日は歯医者さんで外出。
帰りに母のリクエストで551のギョウザやシュウマイを
買って帰る予定だったのが、営業時間短縮で間に合わず。

そこでよく昼飲みする居酒屋さんで
鶏カラポン酢タルタルソースやエビフライ、
ホタテの貝柱クリームコロッケにカキフライなどをテイクアウトし、
家で揚げ物パーティ。

居酒屋さんはおじさん客がちらほら飲んでいて、
特にカウンターで焼き鳥をつまみに煙草を吸い、
スポニチではありませんがスポーツ新聞を読んでいる
おじさんが、ひとりでゆっくりダメなオーラを醸していて、
味わいのある光景でした。

IMG_6975.jpg

変圧器がふたつもある電柱。
田舎の住宅地ではちょっと珍しいです。

IMG_6978.jpg

歯医者さんでは、治療中に間が空いたので、
行きしなに撮った電線の写真を見ていたら、
いつの間にか後ろに来ていた先生が、
「電柱、お好きなんですか?」
「あ、そうなんです。特に晴れている日の電線が格好よくて。
今日は青空がきれいだったのでたくさん撮ってきたんです」
「へえ」
……と、そこから話が広がらない(笑)

IMG_6979.jpg

雲の形によっても表情が変わります。

IMG_6980.jpg

IMG_6981.jpg

3〜6月がカラスが巣をつくるので、いまは
電力会社の人が見回りで忙しいのだとか。

カラスは民家のベランダなどにかかっている
針金ハンガーを集めて、巣をつくったりするそうですよ。

「コクハク」のコラムを更新

「コクハク」のコラムをを更新しました。

今回は多様なセクシャルのひとつ、デミセクシャルについて書いています。

冷めているようで熱い、デミセクシュアリティの性愛
デミセクシュアルって? 多様な性が存在することを認識して

https://kokuhaku.love/articles/6319

575990f4ec2f3c46e9878c71ebd93de620200428125800131.jpg

数日間でこんなに違う

最近、夜に家中の窓を拭くのが楽しくて、
春には珍しく月が鮮やか。

7日は見事な十五夜。
暦上の満月と月齢の満月が一致する、
稀有な日でもありました。

IMG_6872.jpg

↑庭では、9日前までストイックな風情だった梅の木が、

↓もうここまでこんもりと。

IMG_6937.jpg

今月もCSで
『女流作家 官能のまん・なか[R15+]』
(『まん・なか -You’re My Rock-』)が放送。

ELi1q4hUcAAd2vr-2.jpg

日本映画専門チャンネル
5月18日(月) 25:25

今日から9日後です。
2日くらいで世情がガラリと変わるいま、
この頃はどんな世の中になっているでしょうか。

IMG_6714.jpg

所用で出かけた途中の電線。

IMG_6716.jpg

いま、ご近所で新築しており、電線も変わりそうで楽しみ。

IMG_6727.jpg

電線をまとめる手裏剣のような、これが可愛い。

里の春

麓に下りない生活が続きます。

昨日は同じ里のご近所さんが、
山で採れた新タマネギと葉物野菜を
門の前に置いていってくださいました。

てっきりフキだと思ったひとつは、葉ゴボウという野菜。
濃いめの味付けも似合います。
知らない食材や料理が、まだまだあるものです。

IMG_6884.jpg

IMG_6920.jpg

名前は知りませんが、好きな草花。

IMG_6887.jpg

IMG_6899.jpg

松はスキンヘッドも似合うはず。

IMG_6903.jpg

中にミチバチが潜んでいるようです。

IMG_6905.jpg

アネモネさんとアオキさん。

IMG_6916.jpg

ところで里では、休校中の子供たちが甲高い声で遊んでおり、
すぐ近くでは、新築工事の音が地響きさせており、
私は、こういう音を人一倍ストレスに感じる人間だと
自覚していたのですが、
意外といま、皆さんが健やかでいる音なんだなー、
と思える自分もいたというのは、この状況下での嬉しい発見。
検索フォーム
リンク
QRコード
QR