電線のたるみ

近所で建設中のお宅が数軒あり、
完成に近づくにつれて、電線も増えていきます。

IMG_7173.jpg

前に電柱と電線のことを「空の監獄みたい」と書きましたが、
青空の色が薄いと、空が緊縛されているようでもあり、
夕焼けの真っ赤な空にも映えます。

IMG_7167.jpg

横に通っているのは、建設工事用の臨時の線。
いまだけの姿です。

IMG_7172.jpg

こうした「たるみ」は、線が余ったのかな、と思っていましたが、
調べてみると、強風や地震、冬に線が張ったりしたときのために、
わざと余裕を持たせているのだそうです。
長い線は曲線を描いていますものね。
でも、ただ余ってたるんでいるだけでも可愛いです。
検索フォーム
リンク
QRコード
QR