上映無事終了&連載開始

『モンブランの女』の新宿テアトル上映が無事終了しました。
ご覧くださった皆さん、ありがとう。
好評で嬉しいです。
次の上映も決まり次第、お伝えしますね。

来週11月1日(日)からはスポニチで小説を連載します。
デビュー時にプロットだけ書いてあたためていた(半分忘れていた)
作品なのですが、当時ではなくいまの自分で書けて良かった。
挿絵は今回も大好きな大柴宗平さん。

火曜日の深志美由紀ちゃん、大泉りかちゃんとの「お悩み相談室」、
水曜日の官能小説紹介コラムも、ぜひ読んでくださいね。
木曜日は関西版限定でコラムも書いています。

さて、ついに仕事場に暖房器具を出しました。
我が家は木造家屋なので、夏は涼しいけど冬が寒い。

これからの季節は、仕事前に暖房、加湿器、ホット座布団を点け、
レッグウォーマーとモコモコスリッパを装着し、
ホット珈琲か緑茶か梅干し茶を淹れて……朝から大忙し。
お風呂の幸せ度は日々高まっています。

『モンブランの女』10月22日(木)上映

OP PICTURES+フェス2020@テアトル新宿で、
『モンブランの女』が上映されます。

テアトル新宿
10月22日(木) 20時50分〜

予告編


大きく観られる直接リンクはこちら↓
https://www.youtube.com/watch?v=qOnJH-nv83s&feature=youtu.be

出演:奥田咲、涼南佳奈、加藤絵莉、那波隆史、小滝正大、
    細川佳央、稲田錠
監督:髙原秀和
脚本:宍戸英紀、髙原秀和
原作:うかみ綾乃

過去のある女と男の、生命をかけた性愛ドラマ。

手前ミソながら、とてもいい作品に仕上がっています。

新型コロナ禍下で、
今年の「OP PICTURES+フェス2020@テアトル新宿」は
上映回数を減らし、舞台挨拶も無し。
でも開催されるだけで素晴らしい。

木曜日の20時50分という遅めの時間ですが、
ご都合のつく方はぜひ観ていただけると嬉しいです。

冬からも全国で順次公開予定。

原作「モンブランを買う男」はAube Booksで配信中。

038_montblancwokauotokoc.jpg

aubebooks.com↓
https://www.aubebooks.com/downloads/038-montblancwokauotoko/

AmazonでのKindle版はこちら↓
https://www.amazon.co.jp/%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%92%E8%B2%B7%E3%81%86%E7%94%B7-Aubebooks-%E3%81%86%E3%81%8B%E3%81%BF%E7%B6%BE%E4%B9%83-ebook/dp/B089GP1NW5/ref=sr_1_6?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&dchild=1&keywords=%E3%81%86%E3%81%8B%E3%81%BF%E7%B6%BE%E4%B9%83&qid=1601731611&s=digital-text&sr=1-6

《作品紹介》
永浦は身を横向きにして、涎でぬらついた玲子の頬を優しく撫でてくる。「おまえの中で、イキたい」その言葉がじんと、胸を蕩かす──三年前流れ着いた倉庫街のコンビニで働く玲子の前に、ある日突然現れた男、永浦は倉庫勤めの帰りに、三日に一度モンブランを買っていく。お互いに世を忍ぶふたりが、距離を縮めるのにさして時間はかからなかった。残してきた子供と横領事件。それぞれに切ない過去が交差するとき、時が動き出す。異形の愛は一気に激しく燃え上がり──「まん・なか You're My Rock」でコンビを組んだ高原秀和が再びメガホンを取り、「悶憮乱の女 〜ふしだらに濡れて〜」として公開、絶賛された映画原作。著者、情愛短編の金字塔!


読んでから観ても、観てから読んでも楽しんでいただけると思います。
検索フォーム
リンク
QRコード
QR