大内義昭さん

先日から溜め息ばかり。

22日、音楽プロデューサー、ミュージシャンの
大内義昭さんがお亡くなりになりました。
享年55歳。

氏が九州に拠点を移されて以来、もう15年以上もお会いしていない。
そんな私がブログに書くのもどうかと思ったけど、
自分がいま仕事をできているのは、
いろんな方々との仕事やご縁が転がってのことだと、
氏の訃報で深く感じる。

大内さんは、私のスタート時点で、
いろんなことを教えてくださったミュージシャンだった。
初めて私の歌にアレンジをつけてくださったのも大内さんだった。
大内さんが関わったミュージシャンの中では、
私は相当に売れないほうだったけれど。
こんなに、実はもう一度お会いしたい方だったんだと、
いまになって思う。

藤谷美和子さんとのデュエット曲『愛が生まれた日』、
小比類巻かほるさんをはじめとする
多くのヒットミュージシャンの作曲、プロデュース等でご活躍なさり、
現在はご自身の音楽活動をされながら、九州で音楽学校を経営されて、
若いミュージシャンの育成にも力を注いでいらっしゃった。

私はデビュー前に一年半、音楽ラジオ番組でご一緒し、
その後はアルバム曲でアレンジしていただいたり、
大内さんが音楽担当をなさったアニメ等のサントラに
参加させていただいたり。
ひたすら優しい方だった。
洒落た冗談を軽やかにおっしゃる一方で、
音楽や音楽仲間に、とても熱い情熱を抱いていらっしゃった。

人は必ず死ぬし、
早い遅いはそんなに問題ではないと思う。
まだ生きている者、たとえば私は、
なにひとつ恩返しできなかった自分への後悔を、勝手に抱くだけだ。
そうした後悔を、無駄にしたくない。

ご冥福を、心からお祈りする。

検索フォーム
リンク
QRコード
QR