梅生春巻き

mimotで、大泉りかちゃんが『ドミソラ』(幻冬舎)を
紹介してくれています。
ありがとう、文章も嬉しい!

http://ure.pia.co.jp/articles/-/46017


このところ実家に帰ると、
母が二日目のお昼ご飯あたりにつくってくれるのが、生春巻きです。

今回のメインはウナギの蒲焼き。
そこにキュウリやレタス、大葉のほか、
卵焼きと、刻んだ梅干しが入っているのが我が家の特徴。

「梅干しって味が強すぎるじゃないか」と
思われるかもしれませんが、
これがかなり生春巻きに合う。美味しい。

梅干しの酸っぱさと果肉の弾力が、程よいアクセントになって、
ナンプラーやゴマダレの押しの強さと仲良くなります。
梅と一緒に浸けた紫蘇を刻めば、もっとgood。

国境があるから文化って育まれ、出会うと面白いんだよなぁ。

梅ご飯は、ちょっと苦手です。
でもおにぎりにすると美味しいのが不思議です。

これからの季節は梅干しや、大葉と唐辛子入りの焼酎お湯割りが
体をあたためてくれます。
検索フォーム
リンク
QRコード
QR