悪質ではありますが

先日伺った、70代の某作家さんの「オレオレ詐欺」話。

詐欺犯が装ったのは、作家さんの娘の旦那さん。
「お義父さん、助けてください!
 会社でこれこれこういう失敗して、
 三百万を弁償しなきゃならないんです!」
電話でそう言われて作家さん、
 ――そうか、娘婿は、こんなに僕のことを頼ってくれていたのか!!

作家さん「わかった、力になる! とにかくすぐに戻ってきなさい!」
詐欺犯「いや、一刻も早くお金を用意しなきゃならなくて、
    お金の受け取りは――」
作家さん「大丈夫だから、そんなところにいないで、
     いまは戻ってきなさい!!」

詐欺犯は「戻る」わけにいかないので、そこで電話を切ったそうです。

作家さんは心配でたまらず娘さんに電話をし、そこで詐欺だと判って、
「なんだ、娘婿が僕を頼ってくれたんじゃなかったのか……」
とショボン。

ちなみに作家さんがなぜ「戻ってきなさい」と
おっしゃったかというと、
娘さんご夫婦は作家さんのお隣にお住まいだからだそうです。

詐欺犯はおふたりの電話番号のほか、
なにをどこまで調べていたのでしょうか。
「オレオレ詐欺」は、相手の失敗バージョンだと、
小姑目線で微笑ましいです。
検索フォーム
リンク
QRコード
QR