7月15日『永遠に、私を閉じ込めて』発売

eien.jpg

7月15日に、新刊『永遠に、私を閉じ込めて』(講談社文庫)が
発売されます。


《内容紹介》
信じないけど愛してる。
女性作家が紡ぐ、傷つき迷う性愛。
少女の頃の封印された記憶。今また、あの男に虜にされた私は……。
どこにある? 私の愛。

11歳の時、想いを寄せる年上の少年に犯され、沙織は性愛にわだかまりを持つようになる。17年後、モデルとして成功し婚約者と帰郷をした沙織は、その男、恭司と予期せぬ形で再会、さらわれ監禁される。男の不思議な心遣い、物々しい拘束、沙織への行為は続いてゆく。二人の奇妙な生活、そして異形の愛の行き着く先は?


ほぼふたりの男女だけで展開する、
歪で濃密な性愛の物語です。
どうぞ読んでください。


さて、引っ越し間近。
8日は、お世話になっている方々が東京の思い出にと、
東京湾クルーズに連れていってくださいました。

IMG_0711.jpg

船は日の出から出る「シンフォニー」。
ワインとイタリアンを楽しみながらのナイトクルーズ。
キラキラと輝く景色が素晴らしくて、
羽田空港に下りる飛行機のお腹までバッチリ見上げられました。

IMG_0766.jpg

こちらは船に荷物を下ろすクレーン、通称「キリン」さんたち。
暗くなると、赤い眼が光って格好いい。

お別れ会をたくさんしていただくけれど、
どの会でも「これから」の仕事のお話しができるのが嬉しいです。

昨日はご近所さんたちが送別会を開いてくださり、
ちょうど商店街の福引きだったので皆で行くと、

IMG_0794.jpg

カランカランカラン、商店街でつかえる金券が6枚も大当たり。
ぜんぶ大好きな定食屋のお母さんにプレゼント。

思い残すことはないところまで、食べて呑んで喋っての、
最高の一日でした。

どの人にも、また会えるような気がしつつ、
やり残した感だけはない、この町での生活。幸せです。


新刊は、帯も素敵なものをつくっていただいたんですよ。
近々、帯付きの表紙も見てください。
検索フォーム
リンク
QRコード
QR