生駒聖天お彼岸万燈会

「秋分の日」と打とうとすると、
相変わらず「醜聞の日」と出る私のパソコンですが、
22日の秋分の日は、生駒聖天お彼岸万燈会。

奈良の生駒山にある宝山寺の万燈会です。

宝山寺へは、生駒駅発のケーブルカーで6分。

IMG_1386.jpg

可愛らしいでしょう。
生駒山は、日本のケーブルカー発祥の地なんですよ。
しつこいですが、「発症の血」とまず出たパソコンにめげず、

山なので、参道は階段です。
600基の灯篭と1万個のローソクが点灯しています。
これは階段の途中で振り返ったもの。

IMG_1393.jpg

私の母が絵を描いた灯篭も、毎年、ふたつ灯されています。
プラス、昨年に描いたものが良かったからと、今年はもう一基。

行く先を見れば、ライトアップされた鳥居。

IMG_1423.jpg

お参りをして、

IMG_1425.jpg

舞台では箏と三味線の演奏に続き、
耳の聞こえない方々による奉納太鼓の演奏。

IMG_1437.jpg

IMG_1451.jpg

箏は、私も昔、こんな場所で何度か弾いたなぁと懐かしい感じ。
空気が湿気ていたので、日本らしい絃の音でした。

太鼓は、ただただ迫力。
中心となって率いている男性の、子供たちを舞台に上げての
パフォーマンスにも笑わせていただきます。

さらに、ネット抽選でもなかなか買えない
生駒のレインボーラムネが、ふつうに売られていました。

IMG_1439.jpg

数年前にテレビで紹介され、いまや伝説となっているラムネです。
ネット抽選に落ち続けている友人たちが喜びそう。

天気予報では、ちょうど万燈会の時間帯である
15時〜21時に雨が降るとされていたものの、
ポツポツと降りはじめたのが19時半頃。
多くの参拝客が濡れずに済み、
舞台のパフォーマンスも見せていただけて良かった。

灯篭は次々と火が消え、絵も濡れてしまいましたが、
その日だけの命だからこその輝きに、手を合わさせていただきます。

先週の采女祭に続き、
つくっている方々の、祭りを盛り上げようとする気持ちが
あたたかく伝わってくる万燈会でした。

帰宅すれば、犬が、
「ボクを放ってどこ行ってたんだよぅ」

IMG_1383.jpg

さて、執筆のほうは今日の夕方に一段落し、
明日からは重いグロ場面に突入。
そうか、だからパソコンが
「発症の血」などと張り切ってくれているのか。
検索フォーム
リンク
QRコード
QR