東京と奈良でお花見でした

IMG_1890.jpg

先日は東京でお花見会。
雨の降る中での乾杯でしたが、
お仕事仲間と飲んで食べて喋るうちに、心も体もポカポカ。

そして雨の皇居のお堀の、なんと幽玄なこと。

IMG_1868.jpg

IMG_1876.jpg

ちなみに集合場所は九段下の駅の近くで、
私は高校時代に爆風スランプのコピーバンドをしていたのに、
「九段下の〜」と脳内カラオケしつつ電車に乗って、
なぜか最初に着いたのが水道橋駅で、
(九段下が武道館、水道橋が東京ドーム&後楽園ホール)
20分も遅刻した奈良ボケ人でしたが、水道橋付近も桜がきれいでした。

翌日は、以前に住んでいた町で、元ご近所さんたちとお花見。

IMG_1917.jpg

元定食屋のお母さんが十品以上のご馳走をつくってくれて、
懐かしいみんなとの会話、懐かしい味を堪能。

付近の桜も、美しく咲きはじめていました。

これは世田谷おおくら大仏で有名な妙法寺の桜。

IMG_1924.jpg

こちらは成城学園前の仙川。水面に映る桜の影がきれい。

IMG_1938.jpg


帰郷してからは、東京からのお客さんと奈良でのお花見。
東京ではちょうど満開の時期なのに(笑)、
奈良の染井吉野はほとんどがまだ蕾。

IMG_1956.jpg

けれど春日大社荷茶屋の静かなお庭を眺めながら、

IMG_1960.jpg

桜の塩漬けと黒米餅のお粥さんで、昼ビール。

馬酔木の花は見事。

IMG_1968.jpg

文字通り、馬や鹿が食べると毒に当たって酔う花で、
そういえば我が家でも、
犬につまみ食いされることもなく、きれいに咲いています。

氷室神社の白い木蓮は満開。

IMG_1981.jpg

ちなみに「木蓮」と聞くと、
必ず『僕の地球を守って』を思い出します。

そして、しだれ桜は咲くのが早いんですね。

IMG_1982.jpg

木蓮と桜のコンビが優雅。

その後は郡山城へ足を延ばし、天守閣からの景色を眺めたり、

IMG_1998.jpg

しだれ桜を眺めたり、

IMG_2005.jpg

見上げたり。

IMG_2009.jpg

翌日も奈良付近を散策。
あちらこちら歩く途中で休憩したのは、
和菓子の好きな方にオススメの、
奈良町の「樫屋」という和菓子屋さん。

IMG_2021.jpg

IMG_2024.jpg

赤膚焼きの器で、和菓子や抹茶、煎茶をいただけます。
和菓子のコース料理を、お寿司屋さんみたいに
白木のカウンターでいただけもするんですよ。

行ったときにちょうど、きな粉菓子が焼き上がったところで、
修行僧のような佇まいの職人さんに
サービスで出していただきました。

あたたかく、指でつまむと崩れそうなそれを
ひとつ、舌に載せただけでもう至福。

ほかにも三条通りや餅飯殿を歩きつつ、
つきたてのよもぎ餅をいただいたり、
揚げたてのさつま揚げをいただいたり、
お花見って美味しいものでお腹いっぱいになるからなお極楽。

奈良はもうすぐ、八重桜、九重桜も華やかですよ。
満開の頃にでも、足を運んでいただければ嬉しいです。
検索フォーム
リンク
QRコード
QR