大雨の後で

あちらこちらで土砂が崩れたりと、
いまだ豪雨の影響は収まらない模様。

奈良にいる私のケイタイも、
一時期は数十分ごとに付近の河川の氾濫情報や
避難勧告でピーピー鳴り続けていました。
なるべく早く、多くの方の日常が戻りますように。


大雨が降ると必ず出てくるのが、
田んぼや畑を見に行って行方不明になる老人のニュース。

昔は、「おじいちゃん、おばあちゃん、なんで行くのよ!
周りの心配も考えてよー」と思いながら観ていたけど、
自分がこの齢になると、べつの思いも抱くようになってきた。

何年も何十年も、毎日育てて付き合ってきた場所が、
いま無事でいるかわからないとき、
やはり何年、何十年の習慣で、見に行くものなのかもしれない。

それは決して、正常な判断を見失うような感情的なものではなく、
これまでの日々と地続きにある、淡々としたものなのかなぁと。

私は彼らに共感できるような人生はまだ送っていないけれど、
もし身近にいるおじいちゃんおばあちゃんが、
豪雨の中、田んぼを見に行く、と動き出したら、
頑張って止めるよりも、なにかあったら守れるかな、という気持ちで
一緒についていくほうを、いまは選びそうな気がする。


…話は変わって、
今月の上京仕事は、大雨が直撃するギリギリ前に日帰りで強行。
秋くらいに新しいお知らせが出来ると思いますよ。

久しぶりに体力を使う仕事だったけど、めっちゃ楽しかった。
高校時代からの親友、多岐川装子ちゃんとも会えた。
舞台女優、シャンソン歌手として
ますます脂が乗っているようで嬉しい。
https://ameblo.jp/mama-love-jofre/page-1.html

3時間半しか飲めなかったものの、うちら早口関西弁やから、
6時間分くらいは喋り倒した。まだまだ足りひん。
検索フォーム
リンク
QRコード
QR