旧奈良監獄見学1

11月23〜25日に行われた、旧奈良監獄の見学会に行ってきました。
「明治の五大監獄」のひとつで、
ロマネスク調のレンガ造りの建物。

IMG_4219.jpg

刑務所ではありますが、明治に建設された美しい建物として、
重要文化財にも指定されています。

IMG_4248.jpg

2016年に刑務所としては閉鎖。
2020年に、ホテル等の複合施設になるとのこと。

IMG_4236.jpg

曲線を描くレンガの壁。

設計された山下啓次郎氏は、
ジャズピアニストの山下洋輔氏のお祖父さん。
23日には敷地内で、山下洋輔氏のコンサートも行われました。

IMG_4230.jpg

刑務所の前に建つ刑務所職員さんたちの官舎はこちら。

IMG_4229.jpg

門をくぐると、ちょっと空気が冷んやりしました。

IMG_4243.jpg

広大で見晴らしの良い庭が広がっているのに、
この体感気温の違いが不思議。

IMG_4244.jpg

正式名称は「奈良少年刑務所」。
収監分類はJA、YA、A。

JAやYAというのは、犯罪を分類した符号です。
J=少年院への収容を必要としない少年、
Y=可塑性に期待した矯正処遇を重点的に行なうことが相当と認められる26歳未満の成人。

他の符号では、
M=精神上の疾病または障害を有するため医療を主として行なう刑事施設等に収容する必要があると認められる者。
W=女子。
F=日本人と異なる処遇を必要とする外国人者。
L=執行刑期が10年以上である者。
などがあります。

その後につくA、Bは、
A=犯罪傾向が進んでいない者。
B=犯罪傾向が進んでいる者。

実際は、この奈良少年刑務所には
少年だけなく、高齢者も多く収容されていました。
年齢を問わず、性犯罪者の更生プログラムも行われていたそうです。

IMG_4265.jpg

建物の中に入ります。

書物の倉庫室や所長室などを通り、講堂へ。

IMG_4273.jpg

意外にもヒーターがあり、暖かいです。

IMG_4271.jpg

この暖かさは、講堂のみでしたが。

夏は天井で扇風機が回るようです。

IMG_4321.jpg

IMG_4281.jpg

IMG_4282.jpg

展示物の数々。生々しい。

IMG_4311.jpg

IMG_4312.jpg

IMG_4316.jpg

IMG_4286.jpg

刑務官の制服と剣。

IMG_4309.jpg

IMG_4318.jpg

建物はハビランド・システムという、放射状の構造。
中央の監視所から、5つの収容棟が一望できるように
なっているんですね。

IMG_4293.jpg

窓からの景色。

IMG_4305.jpg

「日本煉瓦建物番付」。
この奈良少年刑務所は関取でした。

IMG_4322.jpg

談話室は、三つの宗教ごとに、小さな空間がもうけられ、

IMG_4324.jpg

IMG_4323.jpg

仏教、キリスト教のほか、天理教があるのがさすが奈良。
色合いの乏しい刑務所で、
このカーテンだけが鮮やかで襞が美しい。

IMG_4334.jpg

中心の監視所から見る、第一寮から第五寮。

IMG_4338.jpg

写真の下の、白い蜘蛛の糸のような鉄格子ごしに、
階下が見えます。

まずは第一寮へ。

IMG_4356.jpg

IMG_4351.jpg

三人用の房の扉と内部。

IMG_4347.jpg

IMG_4360.jpg

IMG_4349.jpg

IMG_4353.jpg

IMG_4355.jpg
検索フォーム
リンク
QRコード
QR