九州④

仙巌園から臨む桜島。
島津斉彬も篤姫も眺めていた景色です。

IMG_5541.jpg

松の刈り方が丸くまろやかでいいですね。

IMG_5544.jpg

薩摩切子のギャラリーショップが見応えあります。
この繊細さ。

IMG_5551.jpg

ガラスの外側と内側に色がついており、内部は透明。
これをグラデーションをつけながら緻密に彫刻するんですね。

園内にはほかに屋久杉の工芸ショップもあり、
昔ながらの家具や調度品のほか、
杉でつくられた腕時計やスマホケースもありました。

どれも心を持っていかれそうな素晴らしいデザインと杉の香り。
私が買うには「0」が2つくらい多かったです。

IMG_5554.jpg

IMG_5555.jpg

IMG_5561.jpg

↑鶴灯籠。
島津斉彬がガス灯実験を行なったといわれています。

IMG_5562.jpg

IMG_5563.jpg

↑獅子乗大石灯篭 。
上に逆立ちした獅子が乗っています。

IMG_5567.jpg

IMG_5570.jpg

IMG_5572.jpg

IMG_5574.jpg

↑錫門。
屋根を鹿児島特産の錫で拭いています。

IMG_5576.jpg

つくづく緑が濃い。

この日は庭師さんがソテツの葉を刈っていました。
ソテツの新芽を食べる蝶の幼虫がいて、
放っておくと枯死してしまうのだとか。

考えてみれば蝶って、幼虫の頃はある程度、硬い葉っぱでも
ムシャムシャ食べるのに、大人になると蜜しか吸わないんですね。
人間の大人にもお酒しか飲まない人っているもんなぁ。

IMG_5579.jpg

夏は蝉の声で賑やかそうです。

IMG_5580.jpg

仙巌園とのお別れは、やはり線路で締めます。

IMG_5584.jpg

いいなぁ……
この線路沿いに住みたい。
検索フォーム
リンク
QRコード
QR