雨の日に

台風18号の影響で、東京は大雨。
雨が芝生を打つ音と、ベランダの排水溝を流れる水音を聞きながら籠もり気分でいると、インターホンが鳴りました。
来たのは、数日前にネット通販で頼んだ商品の配達業者さん。

「箱が濡れてすみません!」と、沁みのついた段ボール箱を手渡しながら、お兄さんこそ顔も制服もビショビショです。
わー、よりによって今日の配達だったなんて。

「雨の日にありがとうございます」と頭を下げると、お兄さん、
「いえ、こちらこそ、いつもありがとうございます!」と、白い歯を見せてニカニカ。
とっさに、自分に幻の娘ができて、「ああ、こんな子が婿になってくれたら」というくらいに胸を打たれました。

そうしたら午後も、資料を配達してくださったおじさんがいて、その方は黙々と一礼して去っていきます。
吹き飛ばされそうな横殴りの雨の中でも、ピザ屋さん、お弁当屋さん等の配達バイクは走っているし、新聞、郵便物も配達されています。
どんな天候だろうと通常運転をしてくださる方々のおかげで、こちらの仕事と生活が成り立っていて、心から感謝です。

逆境ほど燃えてやる気持ちは誰にでもあって、そこを漲らせるのもその人の力で。
ニコニコ黙々と仕事をこなす皆さんに、青春なりプロ意識故なりの夢中な輝きを感じもして、孫子の世代も人はこうであるんだろうなと、じんとした今日の出来事でした。
どうぞお怪我だけはなさらぬように。
検索フォーム
リンク
QRコード
QR