年末はこうでないと

切羽詰まってる切羽詰まってる切羽詰まってる。

なのに年末って、なにかと予想外のことが起きて時間を取られて、
集中力が戻ったかな、というときに風邪をひく。

風邪っぴきって、なによりの睡眠薬ですね。
ちょっと横になるだけで、どれだけ果てしなく眠れるんでしょう。
それでもって、睡眠ってかなりの特効薬。

今日は、江戸っ子の税理士さんから電話で、
「あら、お正月は奈良? お父さんお母さんに甘えてきてね」と
あたたかい年末のお言葉をいただいたのですけど、
この齢になると、ふだん帰らない実家って、
甘えるというか、甘えてもらいたい場所になるなぁ。

私が20代の頃は、よくお見合いゴルフなどを仕組まれて、
親はとにかく自分の決めた相手のどれかと結婚してほしがり
(すでに私、関東ローカルのヨゴレだったのに)、
三十路前後になると、「なんでもええからはよ相手連れてこいや」となり、
30代半ばになると「結婚はもうええから、孫だけ産まへんか?
お父さんらが育ててやるから」となり、
いまでは、「あんな、もう間違っても孕んだらあかんで。
その子が成人したとき、お父さんとお母さんはこの世におらんかもしれん。
おまえは幾つになっとる?」と、しみじみ言ってきます。

よし、大掃除とお節料理づくりのお手伝いくらいは頑張ってこよう。
検索フォーム
リンク
QRコード
QR