うかみ綾乃 official blog

餅飯殿でセルフ昼飲み

餅飯殿でセルフ昼飲み

七夕。近鉄奈良駅の付近は七夕飾りで賑やか。昨日は餅飯殿(もちいど)の「和食ダイニング拓」で、友人と昼飲み。食事以外はセルフサービスで、お酒も店内の冷蔵庫から好きな瓶を取って自分で注ぐスタイル。お猪口たちを見るだけでワクワクします。生ビール小に、ミモレットと帆立貝柱と冷奴で準備運動。早速、風の森。奈良のほんのり発泡した日本酒です。他県の人で、奈良に来たら絶対にこれを飲む、飲まずに帰れない、という人は...

... 続きを読む

七夕。
近鉄奈良駅の付近は七夕飾りで賑やか。

昨日は餅飯殿(もちいど)の「和食ダイニング拓」で、友人と昼飲み。

IMG_9001.jpg

食事以外はセルフサービスで、お酒も店内の冷蔵庫から好きな瓶を取って自分で注ぐスタイル。
お猪口たちを見るだけでワクワクします。

IMG_9003.jpg

生ビール小に、ミモレットと帆立貝柱と冷奴で準備運動。

IMG_9006.jpg

早速、風の森。
奈良のほんのり発泡した日本酒です。
他県の人で、奈良に来たら絶対にこれを飲む、飲まずに帰れない、という人は多いです。

IMG_9010.jpg

海鮮も新鮮で美味しいお店。

IMG_9012.jpg

大好きな高知の酔鯨。
抱きしめて寝たいくらい好き。
暑い日に冷やで飲むと、ああ、夏だなぁ、と幸せになります。

IMG_9011.jpg

愛媛の一刀両断。
初めて飲みました。おー、辛口ですがさらりとした味わい。

IMG_9013.jpg

店員さんに「わさびも美味しいです」と言ったら、サービスで小皿に盛ってくださいました。
ピリリと甘みが同居しておて、いくらでもぱくぱくいただきます。

IMG_9016.jpg

こちらも初めて。山形の山法師。
さすが米どころのお酒。
ほのかな酸味が心地いいです。
謙信みたいに、梅干しか塩だけでゆっくり味わいたい。

この後、どっしりとした青森の田酒やだし巻き卵などもいただいて、
楽しい七夕の昼下がりでした。

そういえば、大昔から七夕に素麺を食べる、という習わしがあるのだとか。
素麺は奈良時代に中国から伝来した頃は、揚げパンのようなお菓子で、
鎌倉時代くらいに、いまのような麺状になったそうです。

奈良人にとって素麺は郷土料理ですが、東京で初めて食べた冷麦の美味しさにも感動しました。
どちらも全国で食べられているものだけど、東京で素麺を出しているお店は少なく、
奈良では冷麦がスーパーにもあまり置かれていないんですね。

原料は両者とも同じ小麦粉と塩と水で、素麺は太さが直径1.3mm以内、
冷や麦は直径1.3〜1.7mm未満のものだそうで。
ちなみに直径1.7mm以上の麺はうどん。

太さの違いだけで、味わいに違いが出るものですね。
私は太さが1.7mm前後あってどれとも呼べない、徳島の半田めんも大好きです。

今年も夏の味をたっぷりいただきましょう。
(冬は冬で、正月に飲む酔鯨サイコー、とか言っていますが)

従祖叔母になりました

従祖叔母になりました

従兄の孫が生まれました。新しい命は幸せになります。いとこの孫は、私にとって従姪孫(じゅうてっそん)というのだとか。その子にとっては、私は従祖叔母(いとこおおおば)です。迫力のある文字面です。父は九人兄弟の下から二番目なので、上の親戚が多く、私は生まれたときにすでに何人かの叔母で、父の甥であるその従兄は齢が20歳近く上。私が東京にいた頃は、一族の関東住みグループとして、よく東京下町のお宅によくお呼ばれ...

... 続きを読む

従兄の孫が生まれました。

新しい命は幸せになります。

いとこの孫は、私にとって従姪孫(じゅうてっそん)というのだとか。
その子にとっては、私は従祖叔母(いとこおおおば)です。
迫力のある文字面です。

父は九人兄弟の下から二番目なので、上の親戚が多く、私は生まれたときにすでに
何人かの叔母で、父の甥であるその従兄は齢が20歳近く上。

私が東京にいた頃は、一族の関東住みグループとして、よく東京下町のお宅によくお呼ばれし、
一族秘伝の味付けのカツオの叩きや刺身をいただいたり、
奥さんのお母さんの梅酒をいただいたり、
奥さんの美人姉妹たちと飲ませていただいたり、
妹さんの旦那さんがすごいSPで迫力がすごかったり(酔いはじめると語彙力)、
そのままお布団を用意されて、翌朝は、築地の魚市場に連れていってもらったりしたものでした。

築地も二日酔いが覚めるほどおもしろく、特別に一般のお客さんの入る前に入らせていただき、
魚を積んでいるターレーがブインブインと行き交っている通路を、
「どうやって渡るの!?」と、迷惑にならないよう歩き、
クジラ肉や海藻やいろんなものを買い込んで、
新鮮なトロやサケやブリなどが載った海鮮丼をいただいた楽しさは忘れられません。

月日は経つもので、
彼らの子供たちが奈良の我が家に遊びに来たときは、USJではしゃぎ、
奈良公園の鹿のことを「トナカイさん」と呼んで、お姉ちゃんに「トナカイじゃないよ、鹿だよ」
と馬鹿にされ(姉は弟を馬鹿にするもので)、
それでベソをかいていた、あの可愛い水泳好きの男の子が、もう父親になっただなんて。
月日は経つものです(繰り返し)。

IMG_8997.jpg

お祝い返しの焼き菓子。
美味しい。

早くその子に、従祖叔母として会いたいものです。

『ヘアー』

『ヘアー』

私はアメリカの映画&ミュージカルの『ヘアー』が好きで、この作品は日本でもミュージカル化されたのですが、生まれる前だったので観たことがありません。ただ、歌はこの舞台の出演者たちによってアルバム化されていて、それを20年近く前に、たまたま聴いたことがあります。歌も歌詞も凄かったんですよ。詳しく思い出せませんが、とにかく面白くて計算され尽くしていて。テーマソングともいえる「ヘアー」のサビ中のサビが、♪ヘア...

... 続きを読む

私はアメリカの映画&ミュージカルの『ヘアー』が好きで、
この作品は日本でもミュージカル化されたのですが、生まれる前だったので観たことがありません。

IMG_8983.jpg

ただ、歌はこの舞台の出演者たちによってアルバム化されていて、
それを20年近く前に、たまたま聴いたことがあります。

歌も歌詞も凄かったんですよ。
詳しく思い出せませんが、とにかく面白くて計算され尽くしていて。

テーマソングともいえる「ヘアー」のサビ中のサビが、♪ヘアー♪で、
そのあたり、日本語歌詞は、♪それだけー♪ だったか、そんな歌詞なのですが、
♪ヘアー♪ がちょうど、♪けー♪ で、
私、3度目くらいのサビで、「あ、『けー』!? 『ヘアー』!?」と気づいて。
もう膝を叩いて笑って、圧倒されて鳥肌が立って。

このアルバムを、いまもう一度、聴きたくて仕方がなく、でも探しても探しても見つかりません。

そのとき聴いたのはカセットテープで、
当時は、カセットテープももう珍しいもので、それをCDなりパソコンなりにコピーするのは私には難しく、
なによりも、自分が20年近く後に、このアルバムをめちゃくちゃ聴きたくなるとは想像できなかったです。

ネットによると、原詩の翻訳はプロデューサーでもある川添象太郎さんと、
主演のひとりでもある元ザ・タイガースの加橋かつみさんなのだとか。

日本版『ヘアー』、死ぬまでにもう一度、聴きたい。

IMG_8592.jpg

心を癒すのは、立ち寄ったスーパーのウーニー。
色が不揃いなものの、新鮮で美味しい。

IMG_8583.jpg

瓶詰めウニは常備品。

IMG_8970.jpg

と、安売りしていた野菜の糠漬け。
茄子はこの猛暑で、色が悪くなりがちなのだそうです。
でも見かけより、大切に育てられて運ばれて売られている新鮮な野菜は美味しい。

IMG_8972.jpg

関西の夏の味、ハモ。
梅は我が家の自家製。

食べていたら、ハモの土瓶蒸しも飲みたくなり、また近いうちにハモと再会します。
欲しいものは欲しいときにいただくと決めました。

数値良好、昼飲み会

数値良好、昼飲み会

病院で定期検診。どの数値も、病気をする前よりもむしろ良。ただ肝臓関連の数値まで優秀なのが自分で不思議で、先生に、「昨日、友人と飲みすぎたんですが」と伺うと、「前日に飲みすぎたからといって、数値は変わるもんではありませんよ」「そうなんですか?」「逆に言えば、検査前だからとお酒を控えても、二週間程度の禁酒では、数値はまったく下がりません。検査で出るのはふだんの生活です」へええ。ではこれから、検査前日で...

... 続きを読む

病院で定期検診。
どの数値も、病気をする前よりもむしろ良。

ただ肝臓関連の数値まで優秀なのが自分で不思議で、先生に、
「昨日、友人と飲みすぎたんですが」と伺うと、

「前日に飲みすぎたからといって、数値は変わるもんではありませんよ」
「そうなんですか?」
「逆に言えば、検査前だからとお酒を控えても、二週間程度の禁酒では、数値はまったく下がりません。
検査で出るのはふだんの生活です」

へええ。
ではこれから、検査前日でも気兼ねなく飲んで良いということですね。

ですが私、ふだんから散歩途中で、立ち呑み屋に寄り道したり、

IMG_8907.jpg

帰宅前に一杯やったりもしているのですが。

IMG_8930.jpg

父も肝臓が丈夫な人でした。
私は顔も体格も父親似。
身体が似ているということは、内臓も似ているんでしょうね。

昨日は友人と昼飲み会。

IMG_8945.jpg

まずは鶏唐揚げのマヨポンと葱ポン、ハモと茄子の天ぷら、鯵の南蛮漬け、鴨燻製。

IMG_8943.jpg

食べ散らかして、

IMG_8946.jpg

野菜も摂らなきゃ。

IMG_8953.jpg

昼間からくつろげる美味しいお店が近所にあるのは、幸せ〜。
忙しくさせて申し訳ないけど、これからもよろしくお願いします、肝臓さん。

ご自由にお座りください

ご自由にお座りください

所用の帰り、いつもと違う道を歩いてみたら、路地にこんな場所が。築50年は経っていそうなお店の前に、椅子が3つ。「ご自由にお座りください」の貼り紙。ちょっと座らせていただきました。隣に咲いているアジサイもきれい。ペットボトルのお茶と、いつも持ち歩いているチョコを食べながら、和んだ〜。こちらは道の駅で買ったアジサイ。買ったときはまだ蕾だらけでしたが、かわいく咲いてくれました。道の駅は、どう咲くかわからな...

... 続きを読む

所用の帰り、いつもと違う道を歩いてみたら、路地にこんな場所が。

IMG_8804.jpg

築50年は経っていそうなお店の前に、椅子が3つ。
「ご自由にお座りください」の貼り紙。

ちょっと座らせていただきました。
隣に咲いているアジサイもきれい。
ペットボトルのお茶と、いつも持ち歩いているチョコを食べながら、和んだ〜。

IMG_8806.jpg

こちらは道の駅で買ったアジサイ。
買ったときはまだ蕾だらけでしたが、かわいく咲いてくれました。

IMG_8942.jpg

道の駅は、どう咲くかわからない花もある野生味がいいです。

改めて、花は自分で買うのがいちばんいい。
よく口説きにかかる男性で、やたら高い花を贈る人がいますが、
好きでもない男からの花ほど迷惑なものはない。

ひとり暮らしの頃は、外でそんな花束をもらったら、「は、こんな重いの持って帰るの?
っていうかうち、こんなの挿せられるデカい花瓶ないし。
1.5Lのペットボトルを半分に切って壁にもたれさせるしかないけど、
花に負担がかかるし、いやマジで私、これから帰った後、葉や茎を切って挿すって手をかけさせられるの?」
っていう。

でも花に罪はない。
大切に世話します。

でもせっかくきれいな花なのに、見るたびに相手の下心を思い出して不愉快になるし、
単純に場所を取るし、枯れて捨てるときも、いまはゴミ出しに手間とお金がかかるし、
もうほんと、頑張って咲いている花たちを、適当に下の心に使わないでほしい。

まあ、いい花屋さんにお金を落とすのはいことですが。
そういうので世間が回っている一面もありますが。
私は友人やファンからの花や自分の好きな花を、日常に添えたい。

IMG_8864.jpg

さて、マイワシの美味しい季節。自家製の梅と煮ます。
今回は落とし蓋だけで煮てみたら、うーん、ちょい乾きぎみ。
大丈夫。イワシはまだまだ美味しい。